今回はMATEから発売されている「今更」な低価格ホールブランド
「ボクのおなぺっと」シリーズからこれまた「今更」「本家の初代」

正真正銘「一番最初」にリリースされたナンバリングもサブタイトルも付かない
「ボクのおなぺっと」というシンプルな題名のそれを評価していきます

なお、以前「低価格版おなぺっと全種総括」的な記事を執筆しましたが
今回の記事のために改めて購入し直したので「新しい記事」として仕切り直します

関連記事:






                 初代ぺっとアイコン ボクのおなぺっと





簡易総評:81点(総括記事では80点)

詳細なレビュー記事は追記文で!


「低価格ホール」として確立されたブランドの一角
「ボクのおなぺっと」の第一弾という事でいまから振り返ると流石に「低価格ホール」として見ても「古い」と感じる感覚

同じ素材を使ってるはずなのに後発のものと比べると若干「ショボイ」と感じたり
14cmと言う「オナホのサイズとしては標準」のサイズなのに「短い」と感じたり


 しかしながら快感性能は流石「これが全てのおなぺっとの基礎」となったという
確かな実感をできるほど「しっかり作り込まれている」ホールです


値段もかなり手ごろなので「ちょっとした買い足し」だったり
「おなぺっとシリーズ初購入」としてもオススメです







オナホレビュー:ボクのおなぺっと(本家初代) 久しぶりに手に取ったら小さスギィ!



もくじ


もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓
https://kaguratinzuri.jp/blog-entry-177.html


「ボクのおなぺっと」シリーズとは?




MATEが確立した低価格ホールブランドの一角
1000円以下のホールでありながら「しっかり気持ちよい」
スタンダードな刺激構造と低コスト化のための「わらびもち的素材」が科学的反応でドッキング
「初めてのオナホ」としてはもちろんオナホ経験者が「ボクおなシリーズ」へ飛び込む際の
「入門編」としてもこちらがオススメです

そしてこの「おなぺっと」シリーズは「色々な会社とコラボする」
「誰とでも寝る子」と揶揄されています
こちらの「NLS」他「ホットパワーズ」や「リグレジャパン」その他多数のホールと
コラボ商品を出しています

※NLSコラボ商品「ポクのおなぺっと」記事からコピペ


このブログのコンセプトを「シリーズものを中心にレビューしていく」と決めてから
このコピペも何度繰り返してきたか


 「誰とでも(どの会社とも)寝る(コラボする)」と揶揄されているホールですが
今回レビューするのは「本家おなぺっと」の第一弾

つまり正真正銘「本家本元のシリーズ一作目」「最初の最初、原本の原本」の
「ボクのおなぺっと」です

今から振り返るといささか「古い」という印象を受ける一品ですが
「ここから」様々な派生作品が生まれるには十分の「基盤」はすでにこの頃からできています

低価格ながらしっかり気持ちいいシリーズ「ボクのおなぺっと」
その第一弾を振り返ります


その外観、内観、触感



その外観


       代替テキスト  

 左が当記事「初代おなぺっと」真ん中が「ポクのおなぺっと(NLSコラボ版)」
(14cm)

 右はよく比較に出されるスタンダードホール「セブンティーンボルドー」(17cm)

 後発のコラボ版とくらべても「短い」と感じるサイズ(公表サイズでは双方同じ14cmのはずだが)「17cm」の「ボルドー」とくらべるとさらに短く
このホールが「低価格帯ホール」のそれ相応に「小さい」ホールであることがわかります


その触感:しなり、伸び




 「伸び」「しなり」においてもかなり柔らかく、伸びる素材だと分かります
「ボルドー」はあまり伸びる素材ではありませんが17cmある「ボルドー」が
14cmの「初代ボクおな」を伸ばしたサイズとほぼ同一です


その内観




代替テキスト 代替テキスト

代替テキスト 



 後に「大魔王」とのコラボ版として発売される「ボクオナDX」
「NLSコラボ版」である「ポクのおなぺっと」にも受け継がれる「シンプルな横ヒダ構造」

単調ながらもジョリジョリと撫でるその気持ちよさは
「このシリーズが今でも愛されている」と理由に足る十分な物です


その挿入感



 

入口付近




代替テキスト   代替テキスト


 「ローションを注入しやすい突入口」は初代からそのまま引き継がれてます
「カリがひっかかる」感じと「縦ヒダ」が密着する感じそして縦ヒダの「ジョリジョリ感」
という低価格ホールでありながら3つの挿入感を贅沢に味わえる挿入口です


中央部分



代替テキスト   代替テキスト  


 「中央」~「最奥」にかけて「狭くなる」構造
この構造は「ボクオナDX」「NLSコラボ版」にも引き継がれます

入口付近以上に「キュッ」と密着して「吸われる」快感が心地よいエリアです


最奥部分



代替テキスト   代替テキスト

 さらに密着度がアップする最奥部分

ですが「低価格・小型ホール」のそれであるがゆえ「底を突き破らないか」
が多少心配で気を付けながら使ってます
(それでも突き破るときは突き破りますが)



その射精感、イキ顔



ぼひゅっ!びゅっ!ぴゅっ!ぴゅーっ!!




代替テキスト  男性 元のサイズ




短く、小さいホールでありながら「柔らか素材」かつ「しっかりと気持ちいい内部」
「幸せ射精感」に近いかなり充実した射精感でした


代替テキスト こちらのイラストのリメイク的に決まった?と思います

コスパを考えるとこの低価格でこの射精感はお得感が凄いですね


このホールを一言で表すと?




         ボクおなザ・オリジナ




 後発の商品に比べるとやはり「小粒」という印象を受けますが
「基盤」となるべき構造はこの頃から完成していると言った印象

初代ポ〇モンのようなスパイキーながら味のあるモノとなっていると感じ取れるでしょう

ちょっとした買い足しに悩んだらこちらをオススメします

総評:81点(前回80点)





刺激・・・★★★☆☆  「中刺激」判定
耐久・・・★☆☆☆☆ NLSコラボ版以上の短さで
レビューのための検証中に
突き破ってしまいました
肉厚・・・★☆☆☆☆ 横も縦も薄い
使いやすさ・・・★★★★☆小ささ=使いやすさと過去に書きましたが
「小さすぎ」なことで少しだけ使いにくい
コスパ・・・★★★★☆500円前後でこの快感は良コスパ
締まり・・・★★★☆☆それなり
長さ・・・★☆☆☆☆ 公表サイズの14cmより短く感じる
硬さ・・・★☆☆☆☆ このシリーズの基盤となる「わらび餅」的素材
快感性能・・・★★★★☆ かなり高い快感性能
速射性能・・・★☆☆☆☆柔らかいので「即ヌキ」には向かない
空気抜き対応度・・・★★★★☆ 「「空気抜き」の効果を得やすい
「ストレート加工」



初心者オススメ度・・・★★★★★


 値段的にも手ごろ、持ちやすく使いやすく「はじめてのオナホ」として断然オススメ
ボクおなシリーズを初めて買う!」という方にもオススメできます


彼氏へのオススメ度・・・★★★★★



 女性向け項目です。このホールが「彼氏へのプレゼントとして適しているかどうか」

その判定は「超オススメ」判定の★5!!


使いやすく、快感性能も高いながら「現実の女性器」を超えうるモノでは無いので

貴女とのセックスに取って代わる事もなく、かつ彼氏も喜んでくれるでしょう



ウレタンヒップによる「腰振りプレイ」対応パターン・・・パターンA:要補助、スッポリハマる系



 管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる」
オナホ固定「腰振り」プレイ

こちらの対応パターンはAの「補助あり、スッポリハマる系」の
スタンダードホール判定!!


代替テキスト  ※写真のホールは「セブンティーンボルドー」



付属のスポンジシートや「ゆむしぃ」による補助が必要なものの
それをクリアすれば後は気兼ねなく腰を振るだけの「程よくハマる」大きさのホールです

 ※標準的なパターンAのホールよりかなり小さいので
付属のスポンジシートを何枚も巻くなど「厚さ」の底上げが多少必要です




オナホ別「ウレタンヒップ」はめ込みパターン解説は以下の記事から!



関連記事:「腰振りプレイ」についてもっと詳しく知りたい方はこちら!

商品ページリンク





 ※このブログでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しています

NLS以外の販売サイト(一例)









 ※単純な「設定価格」ではどこのサイトがお得かは判断できません
より詳しく通販サイトを見比べたいのなら以下の記事から!




関連記事





関連記事