「RIDE社の代名詞」ともいえる有名ホール「ヴァージンループ」の2020/05/01時点現行タイトル全種類をいくつかのブロックに分けて対決・比較をしていこうと思います。








もう少し↓から記事が始まります

「ヴァージンループシリーズ」シーズン個別レビュー記事はこちら!


「ヴァージンループシリーズ」シーズン以降の個別レビューはこちら!




もくじA


「ヴァージンループシリーズ」とは?


代替テキスト


 「RIDE社の代名詞」ともいえる社の知名度を一気に押し上げた超人気シリーズ。
「縦方向からのヒダ」によるゾワゾワと亀頭を削られていく挿入感がオナホユーザーの心を捉えました。

代替テキスト

「横ヒダ」が刻まれた非常に繊細な「縦ヒダ」がジョリジョリ絡みつく!

とあるTV番組で紹介された際、千原ジュニア氏が「嫁マ〇コを超えそうで怖いから捨てた」と評価する程。

今現在では8種類以上の派生作品が登場しており、現在もRIDE社およびオナホ業界を引っ張っていく存在としてオナホユーザーに愛され続けているシリーズです。


「RIDE社」を含むオナホメーカー各社の個人的見解はこちら!

ブロック1:初代、ハード、エイトロング、エイトロングハードの比較:対決


代替テキスト

 「ヴァージンループ第一期」と言われる種類
「初代ヴァージンループ」とそのハード、長さが改善されヒダの数が2倍になった「エイトロング」とそのハードタイプの「エイトロングハード」の比較・対決としてそれぞれの長所を述べていきましょう。


初代ヴァージンループ:簡易紹介




 「ヴァージンループシリーズ第1弾」であるこちらは現在のオナホプールから見ると「小型」と感じるサイズ感です。

代替テキスト


ですがこのおかげで「取り回しやすさ」「電動オナホールとの互換可能」などのメリットも生まれたので、今では「長所」として捉える事も可能。



この「初代」の時点で「縦ヒダのゾリゾリ感」は健在であり、それ以前のホールと比べると当時は斬新だった「縦ヒダ一つ一つがゾワゾワとモノ♂を高ぶらせて来る触感」が評価されて一気にRIDE社をトップメーカーに押し上げました。

 「4方向からのクローバー構造」の縦ヒダが容赦なく貴方のモノ♂を削る!

代替テキスト


値段も1500円以下と手ごろな一品ですので「初めて買うヴァージンループ」としてこちらの無印は最適解と言えます。


ヴァージンループハード:簡易紹介


 RIDE社は柔らかな素材の「バンジータッチ」で販売したホールを後日硬めの素材の「ハードタッチ」で必ずと言っていい程販売しており

まさしく「オナホ業界のポ〇モン商法」と言える販売戦略です

(そのこころはどちらもポケットモンスター)


この「ヴァージンループハード」も例外では無く、初代ヴァージンループをハード化。
「4方向からの縦ヒダ」が硬素材になったことでさらに鋭く、ジョリジョリ感もアップ!

初代ヴァージンループ以上にオナホユーザーの心を捉えて2年連続でアマゾンオナホ部門売り上げ1位に!

一説によると千原ジュニア氏が「嫁を超えた!」と絶賛したのは初代では無くハード版だったかもしれないです。ソース不足で申し訳ありませんが。

ただロットによっては「高評価されてる鋭いほどハード」な個体と「中途半端なハード」な個体が混在している疑惑があるので「良い個体のハード」が手に入るかどうかは運も絡むことに注意


ヴァージンループエイトロング:簡易紹介



 どちらかというと「小型ホール」で奥行きが足りなかった「ヴァージンループ」が「長さ」という弱点を克服し、さらには「4本の縦ヒダ」が2倍の「8本」になって帰ってきました。

ヒダ数が増えた事で「より高刺激」になるものを思われましたが「ヒダの一本一本がより繊細に」なったことで「まったり寄り」へと変化。

より「違いの分かるモノ♂の持ち主」に適合する「より贅沢な一品」となりました。

代替テキスト

 8方向からの縦ヒダにニョリニョリ削られ、引き抜いた時に更なるジョリジョリ感が。
さらに全長が長くなった事で耐久度がアップ、突き破りにくくなりました。

後発の「ダリンセブン」よりも全長が長く、管理人:神楽ちんずりにとってはこの長さが「使いやすさと気持ちよさを両立させられる黄金比」だと体感しております。

じっくりゆっくりストロークして「初代」以上の繊細なヒダ構造を噛みしめて欲しいですね。


ヴァージンループエイトロングハード:簡易紹介



 上記の「エイトロング」も初代同様ハード化されます。
どちらかというとヒダが増えた事によって「まったり寄り」に変化した「エイトロング」でしたが、ハードになったこちらは「ヒダが増えた事で高刺激寄りに変化」という本来意図してた通り?のパワーアップを遂げました。

方向からの鋭いヒダが容赦なくモノ♂を削る!


代替テキスト

その繊細かつ弾力のあるヒダたちにジョリジョリ撫でられる快感は「ヴァージンループ第一世代」のなかで随一!

さらに「長さ」をともなった事で突き破りにくく、モノ♂全体にヒダの触感が染み渡る!

「高刺激・硬素材ホール」ではめずらしい「充実した気持ちになれる射精感」=「幸せ射精感」を引き起こしたホールでもあります。

※幸せ射精感:賢者タイム時の「倦怠感」や「嫌悪感」を感じない、充実した幸せな事後感が味わえる射精感。めちゃくちゃ気持ち良いホールでイった時に発生しやすい。


現在のシリーズタイトルを含めて「ヴァージンループ史上最高の快感」と呼べる本作。

今回の比較・対決企画の優勝候補です。


3つの種目で対決!


 お待たせしました。各種「ヴァージンループ」の簡易紹介は終了したのでいくつか「それぞれの種目での一位」を選び、一番ポイントが高いホールが「4種類のヴァージンループの中で総合力が一番高い」とさせて頂きます。

第1種目:取り扱いやすさ、使いやすさ


 「大きさ」や「素材の柔らかさ」などで「ウレタンヒップでの腰振り」「電動オナホールでの互換プレイ」などに対応できるできない等の差があります。

関連記事:


基本的に「小型のホール」ほどどんなプレイスタイルにも対応できますが、その分「肉厚さが足りない」と感じたり「激しいプレイですぐに底が破ける」というジレンマも。

「気持ちよさ」ではなく純粋に「使いやすさ」で判定します。




4つの「ヴァージンループ」の中で一番「使いやすい」のは…





初代ヴァージンループ!!

代替テキスト


やはり「初代」という事であって大きさも控えめかつ柔らか素材の「バンジータッチ」で作られたこちらが「使いやすさNO1」の称号を獲得いたしました!

「ウレタンヒップでの腰振り」はもちろん、その柔らかさ故「電動オナホールにもギリギリ互換できる」という特性も持っている本作。

値段的にも手ごろな事もあり「手に取りやすさ」においてはシリーズNO1と言えます。


また「電動オナホール」との互換については「通常エイトロング」も対応可能です。
(同じ幅だがハード版はその硬さ故不可)

第2種目:鋭い刺激感、ヒダのゾリゾリ感


代替テキスト


 「ヴァージンループ」の最大の特徴と言えばその「緻密な縦ヒダ」
これにモノ♂がジョリジョリと撫でられる事が他のオナホールには無かった特徴です。

さらにやわらか素材の「バンジータッチ」と硬めの素材「ハードタッチ」どちらかによってヒダの触感は変化。

「4方向からの縦ヒダ」+柔らか素材の「初代ヴァージンループ」

「4方向からの縦ヒダ」+ハード素材の「ヴァージンループハード」

「8方向からの縦ヒダ」+柔らか素材の「ヴァージンループエイトロング」

「8方向からの縦ヒダ」+ハード素材の「ヴァージンループエイトロングハード」




この中で一番「縦ヒダの鋭さ」や「ジョリジョリ感」という「ヴァージンループ」の特徴がより「濃く」反映されているのは…




ヴァージンループエイトロングハード!!

代替テキスト


 「エイトロング」になって縦ヒダ数が2倍の「8本」に増えたことによる恩恵はやはり「硬素材版」の方が受けられます。

一本一本のヒダは細くなってますが「鋭さ」と「立体感」は強化されており「ヴァージンループ一番の武器である縦ヒダのジョリジョリ感」という意味では一番「らしい」タイトル。

この縦ヒダの「削り」は「入れた瞬間からヨガれる」挿入感になっており、そのまま激しくストロークして「即イキ」したいほどの快感!!

「一番刺激感が高いヴァージンループが欲しい」という時は「エイトロングハード」が有力候補です。


 逆に「一番まったり寄り」なのは「初代」ではなく、ハードでは無い「通常エイトロング」


「ヒダ数は4本から2倍の8本に増えた」わけですが「縦ヒダの一本一本は細くなった」かつ「4つの角が8つになった事で四角形が〇に近づいた」のごとく「刺激感は減少」しました。

これが悪いという訳では無く「より繊細な触感」という意味では初代以上なので、縦ヒダ構造の違いの分かる「贅沢なモノ♂の持ち主」である場合は通常エイトロングの方が楽しめます。

「刺激感」での順位

①エイトロングハード

②ヴァージンループハード

③初代ヴァージンループ

④エイトロング


※上に行くほど「高刺激」寄り、下に行くほど「まったり系」寄りという事です


第3種目:「長さ」の黄金比



代替テキスト

 人それぞれモノ♂の長さが違い、それゆえに「一番しっくりくるオナホールのサイズ」が個人で違います。

「短すぎれば」モノ♂全体がオナホールの構造を楽しめないし「長すぎれば」オナホールの構造全体を楽しめない。

初代かエイトロングか…管理人:神楽ちんずりのモノ♂の長さは15cm(平常時)→17cm(勃起時)

「平均より少し大きい」程度のナニ♂はどちらの長さが黄金比と感じるのか!?




管理人:神楽ちんずりにとっての「長さの黄金比」といえるホールは…







エイトロングエイトロングハード!!


代替テキスト



 後に似たようなサイズ感の「ダリンセブン」「ダリンセブンハード」が発売されますが
管理人:神楽ちんずりにとっての「長さの黄金比」と言えるのは「エイトロングシリーズ」の方(ダリンセブンシリーズはまた少しエイトロングより短いという変更)

初代ヴァージンループでは短すぎたと感じた全長も、この2種のエイトロングなら「オナホール全体の構造をモノ♂全体で味わう事が出来る」という使用感。

この点からも4種の中での「マイベストヴァージンループ」を選ぶとしたら「エイトロング2種」からになりますね。


「ヴァージンループシリーズ」第1期の4種類で総合力No1は?


 以上の種目別比較・対決から「ヴァージンループ第1期の中で「一番気持ち良いホール」を選ぶとすれば、管理人:神楽ちんずりは…


「ヴァージンループエイトロングハード」が一番と断言!!


代替テキスト


何度もいいましたがやはり「ヴァージンループシリーズ」の最大の特徴である「縦ヒダのジョリジョリ感」が一番現れているのはこちらの「エイトロングハード」!

「4方向からの縦ヒダ」が「8」に倍加された恩恵は「バンジータッチ版」よりも「ハードタッチ版」の方が大きく、縦ヒダの鋭さが段違い!

立体感があるヒダがジョリジョリと亀頭を削る様に撫でてきて「入れた瞬間ヨガれる」挿入快感!

さらに「長さの黄金比」もすばらしく、ホール全体をむさぼるようにモノ♂全体でしゃぶりつくすことが出来る「ちょうどいい長さ」と言えます。

「入れてる時のジョリジョリ感」及び「引き抜いた時に反対方向に流れるジョリジョリ感」と合わせて「ヴァージンループらしく」「ヴァージンループ第1期史上最強の」快感力と言える一品です。

ただし「使いやすさ」や「長期にわたっての運用」などを考えると「バンジータッチ版」が優れていたりします(高刺激・硬素材ホールは短期的な爆発力は高いが刺激に慣れてしまうのも早い)

「毎日使っていく」場合はバンジータッチ版「たまに使う爆発力の高いホール」をお求めの場合はハードタッチ版を使う、などと使い分けすると良いです。

この比較・検証結果があなたにとって「ベストのヴァージンループ」を選ぶための参考になることを祈っております(就職活動並みのお祈り)




第2ブロック:ダリンセブン、ダリンセブンハード、ダブルモーション、ダブルモーションハード比較・対決


後日執筆予定




あいうえお

以下は書き直す前の記述(2018/06/14の記述)です


今回は【オナホレビュー:対決、比較編】記事です。
RIDEの代名詞ともいえる有名ホール「ヴァージンループ」シリーズのうち、管理人が所持している「4種」を徹底比較していきます。

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                        





簡易総評:総合力で一番気持ち良いのは「エイトロングハード」!
詳しい比較内容は追記文で!


「縦ヒダ」のクッキリ度

ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 〇 〇 ◎


弾力

ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 ◎ 〇 ◎


粘膜の絡みつき

ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 〇 ◎ 〇


最奥の「お部屋」の余裕

ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 △ ◎ ◎


総合的な「気持ちよさ」

ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 〇 〇 ◎




オナホ比較編その3:ヴァージンループシリーズ4種比較
※記事作成当時管理人が所持している「ヴァージンループ」シリーズに「ダブルモーション」は含まれません
※最近発売された「ダリンセブン」も含まれません




「ヴァージンループ」シリーズとは?

 これも何度もこのブログで何度も説明してきたことですが再度説明を。
2013年4月発売のホールではありますが、所謂「ショック」を起こしたのは2017年4月。
タレント千原ジュニアがTV番組でその名称を取り上げたところ、全国的に「品切れ」を起こすほどの大ブーム。
 オナホメーカーとしての「RIDE」の知名度を更に引き上げて、現時点での「オナホ業界の王者」という位置を盤石の物としたホール。
まさしく「RIDE」というメーカーの「代名詞」と言い換えてもいい程のホールです。
 緻密に計算された「縦ヒダ」によるモノ♂をジョリジョリと削る感覚がたまらなく良く、オナホレビュアーの心を掴んで離さない今なお人気のシリーズです。


※この記述は過去記事からのコピペです
 これも「何度コピペしてるねん」って感じの説明文ですね。
要約するのもしつこいくらい繰り返してきたので一言でまとめると
これだけ押さえておけば問題無いでしょう。


その外観・内観・触感比較


その外観
代替テキスト 
 全長が短いのが「初代」と「ハード」全長が長いのが「エイトロング」とそのハード。
それぞれピンクが「バンジータッチ版」でクリアカラーが「ハードタッチ版」




通常版と「エイトロング」は違うシリーズのホールかというくらい全長に差異がありますね。
その触感:伸び・しなり
伸び
代替テキスト 

 ピンクの素材が「弾力」と「柔らかさ」のバンジータッチであり、「長さ」も備わった「通常エイトロング」がやはり一番伸びますね。
「エイトロングハード」は「ハードタッチ素材」ですが「長さ」があるので、バンジータッチの「初代ヴァージンループ」よりは伸びます。
 そして3番目に「初代ヴァージンループ」、最後にそのハードタッチ版の「ヴァージンループハード」
素材の違いによる「伸びの違いの比率」がそのまま「エイトロング二種」にも適応されています。
しなり
代替テキスト

 「柔らかさ」と「弾力」を備えた素材「バンジータッチ」なので、素材の柔らかさほど「しなり」は大きくないといった印象。
「エイトロング」になるとさすがに「長さ」「重さ」も関わってくるので大きく「しなり」が発生します。
「ハードタッチ」の方は「しなり」が極小の硬素材・高弾力素材。
「ヴァージンループハード」がまったくしならず直立を保っているのがわかるでしょうか
「エイトロングハード」は「重さ」故に多少「しなり」が発生しているので「硬素材・高弾力」の感触をより楽しみたい場合は短い方の「ヴァージンループハード」の方が適している場合もあります

その内観
※今回は大魔王の方から画像拝借
代替テキスト
代替テキスト

「ヴァージンループ」とそのハード「エイトロング」とそのハードは素材の違いだけで内部構造は同一
上記の写真ではピンクの方の「バンジータッチ」版を見比べるのが構造の違いが分かりやすいと思います。
それぞれの「ヒダ」の位置を点で結び、「線」で図形を描いた場合「ひし形」と「正八角形」になるのがわかるでしょうか。
代替テキスト 

最近リライトした「エイトロングの記事」でも書いたのですが、
その挿入感比較

入口付近
代替テキスト 
※ハード版はそれぞれバンジー版と同一構造なので省略。「初代(左)」と「エイトロング(右)」の画像で説明します

ねっとり絡みつく感触がたまらないのは「初代」と「エイトロング」
逆に弾力があって「高刺激感」があるのは、やはり「ハード」と「エイトロングハード」と言った印象。

 「エイトロング」になりヒダ数が増えるとかえって「まろやか」になると説明しましたが、この「入口付近」の段階で「ねっとり度」が高いのは「初代ヴァージンループ」の方です。
そして「高刺激度」的に言うとよりクッキリ「ヒダ」が浮かび上がるのは、「エイトロングハード」ではなく「ヴァージンループハード」の方。
総合的に「入口付近」の快感度を見ていくと「ヴァージンループハード」が一番ですかね


ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 ◎ 〇 〇


中央部分
代替テキスト 



  ここまで掘り進めていくと「入口」での印象から変化を起こすモノも現れます。
まずは「初代」と「エイトロング」との対比ですが、この「中央部」まで進めると「ヒダ感」が多少残っている「初代」とは違い「エイトロング」はヒダの多さ故、「まろやか、ねっとり感」が発生してモノ♂にねっとり絡みつきます。
これを「気もちいい」と捉えるか「ヒダホールなんだからヒダ感は残して欲しかった」と捉えるかは
その人次第ですが。
 そして「ハード」と「エイトロングハード」との違いは、「入口」ではヒダ感がクッキリしていた「ハード」も「中央まで進めた場合エイトロングハードの方がヒダ感がクッキリする」という事態に。
通常の「エイトロング」では分かりづらかった「ヒダが倍化した事によるジョリジョリ感」が、「エイトロングハード」の場合はしっかりと強調されているという印象。
総合的に見た場合この「中央部分」で一番気持ちいいのは「エイトロングハード」ですね。


ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 〇 〇 ◎


最奥部分
代替テキスト 
この「最奥部分」まで掘り進めると、「通常版」と「エイトロング」とでは評価の「差」がつきます。「縦ヒダ」による「ジョリジョリ」でいじめられたモノ♂が「にゅぽん♪」と顔を出して「包み込まれる」ための「お部屋構造」ではあるのです。
が、「通常版」はハード版とともに「狭い」といった印象で、亀頭をおもいっきり突くことができないといった印象。
ここの構造は確実に、「エイトロング版」の「亀頭をぱっくりつつみこむ余裕のあるお部屋」が大正解であり、「オマケ」的なイボ構造にくちゅっ♪と亀頭を押してもらうのも良快感です。



ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 〇 ◎ ◎


その射精感、イキ顔比較


ヴァージンループ どぴゅるっ!ぴゅっぴゅっ!ぴゅーっ!
ヴァージンループハード どびゅ!びゅっ!びゅ・・びゅ!
エイトロング  ぶぴゅ!ぴゅ!ぴゅ・・・ぴゅ!!
エイトロングハード ぷひゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅーっ!!

※嘘くさいですが適当な擬音では無く実際抜いて検証しています

代替テキスト

「充実した射精」という項目になると「硬素材系」よりも「やわらか素材」が有利になります。
これは「やわらかい素材でじっくりねっとりヌいたほうが勢いのある射精感になる」というオナホでプレイする際の真理に基づく情報でございます。
 こちらの「ヴァージンループシリーズ」も例外では無く、「イれてる最中のヨガリ」は「ハード」と「エイトロングハード」が勝っていますが「射精感」は「バンジータッチ」の「初代」と「エイトロング」が上。

 「プレイ最中の気持ちよさ」よりも「最終的にイった時の解放感」を重視するのならば、ハード版2種類ではなくバンジータッチ版2種類からの選択になるかと思います。



ヴァージンループ ヴァージンループハード エイトロング エイトロングハード
 〇 ◎ 〇



全体的な比較、まとめ

 「初代」と「そのハード」は全長が短いですがその分「刺激がギュッと凝縮されている」といった印象で、先ほど述べた「正多角形の理論」により「ヒダ数が少ない」こちらのほうが「ヒダのジョリジョリ感」を感じやすくなってると思います。
なので
「ヒダ感」をより感じたかったらあえて「短い方」という選択。「初代」と「そのハード」いずれかを選ぶとよい。

 「エイトロング」と「エイトロングハード」はそれぞれ同一素材の前者と比べると「全長が長くなったことで刺激の分散、ヒダが増えた事により綺麗な〇に構造が近づいた」ゆえに「刺激面ではまろやかになっている」といった印象(しかし低刺激=悪いという訳では無い)

「縦ヒダが気もちいいホール」

「ヒダが倍化したからといってより高刺激になるわけではない」


「四角形と八角形はどちらがより綺麗な〇に近いか」


「ヒダが増えた事により内部構造が〇に近づいてかえってヒダ感がまろやかになる事も」


「ヒダ感を感じたかったら初代の方がいいかも」と書きました。



と、いう訳で「エイトロング」2種が「初代」と「ハード」の完全上位互換となり得るわけでは無いとお考え下さい。


 そして亀頭を包み込む役割の最奥の「お部屋」はやはり「初代とハード」では「小さい」と感じてしまいます。


「エイトロング」「エイトロングハード」版が「お部屋」として最適な広さと構造です。



 入口付近の快感度の比較

 中央部分の快感度の比較

 最奥部分の快感度の比較

 射精した時の充実度の比較


尚これは「使い込んでモノ♂が慣れるほど繊細なヒダ感が実感できる」という事でもあるので


ゆっくり長く、内部構造をむさぼるようにプレイしたいのなら「エイトロング版2種」の選択がオススメ!


 そして最後に「総合力」

「縦ヒダが増えるとかえって刺激がまろやかになる」と書きましたが、この傾向は「バンジータッチ版」で特に強く感じる印象。

 「ハードタッチ版」は「弾力」がある分「縦ヒダが増えた事によるさらなるジョリジョリ感」が「エイトロング版」で感じやすく、

「バンジー版エイトロング」が「せっかく縦ヒダが増えたのにねっちょりモノ♂に絡みつく」故、感じにくかった「ヒダが増えたという実感」を「エイトロングハード」では「そこまで絡みつかずに弾力的にモノ♂に訴えかけてくる」という素材の違いから

バンジータッチ版よりも「増えているヒダ感」がわかりやすい



なので
「縦ヒダが増えた事による恩恵」
「全長が長くなったことによる恩恵」
「最奥の部屋が亀頭を包む構造に変更されたことによる恩恵」

これらが贅沢にかつバランスよく取り込まれている「エイトロングハード」が4種のなかで「一番気持ちいい」といえる「ヴァージンループ」であると断言できます。


「総合力」で見た場合、やはり一番気持ちいのはエイトロングハード!!



 皆さまも是非この記事を参考に「自分が一番気持ちいいヴァージンループ」を探し当ててくださいね



 「ヴァージンループシリーズ」をお求めならNLS






以下余白
関連記事