今回はマジックアイズ製品「真実の口 ぺろりん」を評価していきます


            代替テキスト  真実の口 ぺろりん






簡易総評:89点(本家、アマガミと同点)

より詳しい評価記事は追記文を

舌が外に露出していることによる違いは特に感じられなかったです

疑似的にベロチューとかする場合は良いかもしれませんがフェラにも使う以上衛生面が課題です

強いて言えば「下の歯が隠れている事」により
パッケージの説明文のように「威力半減」するものと思われていましたが

「上の歯」の感触がより浮かび上がりクッキリした印象


内部刺激的には

初代アマガミの中間的な刺激の強さ

「初代では痛い」「アマガミでは緩い」と感じていた人がいたのならジャストフィットできる

快感のフェラホールだと思います


「キュッ」と締まる地点があるので「高刺激」判定か迷いましたが中刺激」で

やっぱり「高刺激」判定で


基本が「真実の口」なのでハズレという事にはならないと思います




           真実の口 ぺろりんはこちらから



再評価記事が間に合ってないのですが3つの「真実の口」で管理人のベストは

「アマガミ」なのでそちらを「90点」と採点を改めるつもりではありますが



真実の口 ぺろりん 絵師が変わったかと思った【オナホレビュー】



もくじ



「真実の口」とは?


「経験を積み重ねた」「気持ちよさに徹底した」フェラを再現したホールとは
一線を画す「不慣れな女性」のフェラを再現?したホール
それゆえにベテランのフェラにおいて心がける「歯が当たらないようにする」という
コンセプトは排除
樹脂性の「歯」がついており
モノ♂を挿入する際歯が若干触れることで「リアルさ」を追求

「単純に気持ちよい」に特化させるのではなく
「本当に口に挿入している」という没入感を得られる作りとなっています

※過去記事からの使いまわし

要するに「歯がついててリアルフェラさがアップ!」というコンセプトのシリーズです
初代「真実の口」は瞬く間に有名になり、それまでのフェラホールの常識
「歯が当たらないようにする」を覆し「フェラホールは歯があるべき」という

「新しいフェラホールのスタンダード」を打ち出したホール


その発想は他社ホールにも取り入れられ
現在では「歯がついているフェラホ」が珍しくない時代になりました

そんな「フェラホのスタンダード」ともいえる「真実の口」シリーズから
「舌が外部の露出した」新感覚ホールが登場

その挿入感はいかに・・・!?


「真実の口」シリーズパッケージの遷移



        パッケージ比較(別窓)


一瞬絵師さんが変わったのかと思いました


マーケティング的にはどうなんでしょうね

「同じく目を閉じた女性」で統一したほうが「同シリーズ」という事が分かりやすかったのでは



「真実の口」との内部構造の違い



初代「真実の口」は割と「モノ♂を包み込む」形に対して
「ぺろりん」は「キュッと締める」感じの内部構造になっています

前二作に比べると男の喜ばせ方を覚えたいやらしい口内といった印象


「初代」→「アマガミ」「ぺろりん」とシリーズを重ねるごとに経験を重ねて
多少ウマくなってるというバックストーリーを想像させます




          真実の口 ぺろりんはこちらから



その外観・内観



その外観


代替テキスト   

 左が初代「真実の口」で右が本記事「ぺろりん」

 「全長」では負けてますが「横」の肉厚では勝ってます


その内観


代替テキスト 


「真空のど輪締め」・・・一体いかなる奥義なんでしょうか



その挿入感


挿入口付近

代替テキスト 



「簡易総評」で書いた通り「外部に出た舌」が下の歯を覆い隠すため
「下の歯による刺激は弱くなり」(完全に消えるわけでは無い)

下の歯が隠れる事により上部の歯の感触がくっきり浮かび上がるので

「上下の歯どっちに集中していいかわからない!」って人は本家やアマガミよりも
こちらが適しているのでは

内部素材的には初代「真実の口」のような「弾力的」な感触です



中央部分


代替テキスト 


「真空のど輪締め」エリア


キュウッと締まってかなり良い感じのエリアです

前二作が「慣れていないフェラ」感のホールでしたがこちらは
「ちょっと慣れてきた女の子が男をちょっと喜ばせようと頑張ってる」感じ

コリッと上部緑丸のエリアを抜けた後ズジョオッと密着してくれます

「入口付近」の歯が擦れる感覚も「本物の口内」みたいで興奮しますが
この「キュッ」と締まるエリアもやはり心地よい

何度も何度も「入口付近」と「中央部分」を擦り合わせて
両方の構造の快感を貪る、中毒的な快感が襲ってきます



最奥部分



代替テキスト 


そしてさらに狭くなる最奥部!!


徹頭徹尾「キュゥキュゥと口奥で搾り取る」構造のフェラホールですね


前二作「初代」と「アマガミ」とは全く異なるコンセプトでした

「吸い取り」に特化しながらも「歯の感触を敢えて残す」という「真実の口」の伝統は守っている

また一つ「フェラホールの正解の一つ」としてこういうのもアリですね



 入口付近の「歯」にこすれて


中央部の「のど輪締め」にキュッと締められ


最奥部の「さらなる密着空間」にモノ♂が吸い取られた瞬間・・・!!




その射精感、イキ顔



どぴゅるっ!びゅっ!びゅっ!びゅっ!びゅわあっ!!


イった後もしばらく喉奥で尻ピク痙攣が止まらない、「絞り出しフィニッシュ」!

「のど輪締め」の効果は素晴らしくモノ♂がしばらく射精が治まりませんでした





代替テキスト  代替テキスト



男性 元画像



女性 元画像





「吸い取られる」時は顔も「吸い取り顔フィニッシュ」に!



セクシーショットいっぱい!「射精君」「射精ちゃん」セクシーグラビアページ!



このホールを一言で表すと?


「のど輪締め」で男のモノ♂を喜ばせようとするいやらしさと
「真実の口」特有の「歯が擦れる」初々しさ

「下手フェラ」と「ウマフェラ」が同居する奇跡の搾り取り系フェラホール!



その射精感はかなりの充実度ですので是非この「吸い取り感」をお試しあれ!



総評:89点




刺激・・・★★★★☆ 「のど輪締め」自体は「高刺激」だが
「歯」は初代ほど自己主張してこない
耐久・・・不明 購入後3か月未満、全長が短いので早々に突き破りそう
肉厚・・・★★★☆☆ 縦は短め、横は肉厚
使いやすさ・・・★★★★☆ 初代より短いので握りやすく使いやすい
コスパ・・・★★★☆☆ 初代と同価格。
安くも無く高くもないというのが率直な感想
締まり・・・★★★★☆ 密着感のあるフェラ
長さ・・・★★☆☆☆15cmの「ちょい短い」判定
硬さ・・・★★★★☆ 舌は柔らかいが内部は弾力系
快感性能・・・★★★★☆ 「吸い取り系フェラ」で快感十分!
速射性能・・・★★★★★ 「弾力」もあるので「即ヌキ」にも適している
空気抜き対応度・・・★★★☆☆ 空気抜きに依存する構造では無いが
行えば内部が絡みついてそれなりに良い感じ



初心者オススメ度・・・★★★☆☆


「初めてのオナホ」として見るよりかは「初めてのフェラホール」として適しているかどうか
これを考えるとこちらは「のど輪締め」を覚えた「多少できる子」のフェラホールなので
「初代」や「アマガミ」のような「初々しい」フェラホが「初めてのフェラホ」としてはオススメ


彼氏へのオススメ度・・・★★☆☆☆


女性向け項目です。上記の「射精ちゃん」のイキ顔も参考に

「ばつぐんにウマいフェラホール」という訳では無いがリアル女性では無く
「オナホール」なので「ナカにナマでごっくんさせることが出来る疑似的な口内」

という事で好き放題できるという意味では「危険」判定の★2ですかね

これいっちゃうと「フェラホール」は全部「危険」判定になっちゃうんですが

かといってこのホールに対抗して彼氏に生で口内射精させてあげるのは
衛生観念上良くないのでオススメしません



腰振りプレイ対応度・・・Aパターン、補助要、スッポリハマる系



管理人のライフワークと化したプレイスタイル「ウレタンヒップによる」
オナホ固定「腰振り」プレイ

こちらの対応パターンはAの「補助あり、スッポリハマる系」の
スタンダードホール判定!!


代替テキスト  ※写真のホールは「セブンティーンボルドー」



付属のスポンジシートや「ゆむしぃ」による補助が必要なものの
それをクリアすれば後は気兼ねなく腰を振るだけの「程よくハマる」大きさのホールです


 オナホ別「ウレタンヒップ」はめ込みパターン解説は以下の記事から!

商品ページリンク

表示価格は記事作成当時であり税込みです




このブログでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しています


NLS以外










関連記事