「腰振り方法特集」久しぶりの新規記事です

このブログで何回も紹介した「ウレタンヒップ」の使用方法の振り返りはもちろん「その他腰振り方法」を模索していく特集です

尚、管理人が「今現在所持していない、体験したことのない商品」も「腰振り方法」に関係してくるものならば紹介していくのでそちらを購入される際は自己責任で

 「ウレタンヒップ」単体の総まとめ記事はこちら!
もうすこし↓から記事は始まります

もくじ


                                                                                                                                                                             
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                


「ウレタンヒップ」以外の方法も含む「オナホ固定腰振りオナニー」考察







「オナホ固定腰振りオナニー」とは?


普通ならば「手で握ったオナホでモノ♂を擦る」というスタイルであるオナホプレイ

「手コキ」からオナホでのプレイに移行した人にとってはなんの疑問も無く、「手でのプレイ」に勤しんでいると思われます

しかし何かが物足りない気がします

せっかく「オナホール」という「疑似マ〇コ」を手に入れたのに手でしごく?
オナホを固定して「腰振り」が出来ればより本番に近い快感を手に入れられるのでは無いか
本能レベルでは「腰振り」を皆さま求めているはずです


手だけで「オナホで擦る」際も無意識にわずかでも腰が動いているはずです

何よりオナホを使う使わないに限らず「手コキ」は、フィニッシュの時には割と強くしごかなければならないと結構大変だと思います

行為が終わった後、手がかなり疲れませんか?


その点「腰振りプレイ」ならば本能のままの「腰使い」で
フィニッシュが調節可能!


確かにこっちは手の代わりに「腰」が疲れるかもしれませんが「手」を使った不自然なフィニッシュよりも「腰」を使った方がリアルな快感が増します

脳が騙されている快感と「腰」を使って直線的にモノ♂にストロークされている快感とで「手コキ」とは快感度が段違いです

 先に結論を申し上げると「安定した腰振りプレイ」には「ウレタンヒップ」の一択なので以下の記事を読めば良いと思います
            
ウレタンヒップレビュー(新)オナホ固定腰振りオナニーしよう!


管理人が「腰振りプレイ」にハマった経緯



管理人:神楽ちんずりのオナ事情です。興味の無い方はすっ飛ばしてください

管理人が「腰振りプレイ」にハマった経緯、それは他でも無く元々腰振りオナニー派だったことに起因します

「手コキ」というプロセスをすっ飛ばして所謂「床オナ」という手段でモノ♂をクッション等に押し付けて腰を振って擦りつけていました

※・・・床オナ
俗に「うつ伏せオナニー」、「こすりつけオナニー」、「芋虫オナニー」などとも呼ばれ、うつ伏せ体勢で床や布団にペニスを擦り付けて快感を得るオナニー方法。
受動的な刺激の手コキに対し、床オナは自身が腰を上下させるため、“する”という能動的な感覚の違いがあります。
それは快感特性にも直結し、比較的サクッとシゴいて終わる手コキに対し、低速で官能的な擦りつけは全身で得られるタイプの快感。それゆえ、どこか中毒性があって深みにハマりやすく、代替えのないクセの強さも厄介な要因となっています。

※NLSからの引用

このオナニー方法は「モノ♂が体重で圧迫されるから本番でイケなくなる」だとかそういう通説がありますが私はDTの時にオナホでのプレイに移行したので事実かどうかは分かりません

要するに「自慰行為」を知った時すでに「腰振り」派だったのです

「オナホでのプレイ」に移行する際も「多分手でのオナホコキじゃ満足できない」と分かっていたので始めから「オナホを固定して腰振り出来る環境」を求めて「初々しい妹」+「エアダッチ」を購入しました



「オナホ固定」としてのエアダッチ的な商品の一例

                      インサートハグピロー 本体


※空気ポンプとご一緒の購入を忘れずに!



 管理人が「初めてのプレイ」の際購入した商品はもう扱いが無いので上記の商品とは異なります。が、用途は同じ商品を使用していました

最初は「初めてのオナホプレイ」という事も相まって「腰振り+オナホってすげええええ!」とガンガン腰を振ってのプレイを楽しんでいました

行為が激しすぎるせいか一週間たたずにエアダッチが破けました


「たまたま買った個体が破けやすかった」と思って再度同じ商品を購入するも

また破ける!


この時点で管理人は「エアダッチによる腰振り」は諦めました


「ガンガン突けてそこそこ耐久する」「消耗品と割り切れる価格設定」という意味でもやはり「ウレタンヒップ」は正義でしたね



なぜ「腰振り」すると気持ちいいか真剣に考察してみる



「手コキ」とは段違いの快感である「腰振りプレイ」ですが何故ここまで気持ちいいか

単純に考えれば「本番っぽい体位だから」とか、「腰を振る事で脳が騙されている」と結論付けられますが、私はここに一つ「エネルギーの集約、一本化」という説を提唱させていただきます

一般的なオナホでのプレイ「手コキ」の場合(利き手は右手を想定)「オナホを挿入したモノ♂に対し肘から先を動かしてストローク」

図解すると

代替テキスト黒い矢印はストロークする方向です
こんな感じでストロークされていると思います

一見この方法でも「エネルギーは一直線に均等に向いている」と思われがちですが、「片方の腕だけで肘を経由してストロークしている」という性質上「エネルギーは分散、もしくは非効率的にカーブを経由して放出されているのでは」と

つまり

代替テキスト  

 赤い矢印はエネルギーが放出される方向です

「利き手」がモノ♂を回り込んでストロークするためカーブを経由しながらエネルギーが放出される説


または

代替テキスト 


 「モノ♂にかぶさったオナホ」から一直線に「エネルギー」が放出されるのでは無く「手首から下」から分散して放出されている説


要するに何が言いたいか

「片手の手コキだとエネルギーが右寄りかつ分散、またはカーブしているのでモノ♂に均等に直線的な快感エネルギーが伝わりづらいのでは無いか」


これを解決する方法・・・要は「エネルギーの均等化」を行うために何が必要か、ここで「両手コキ」を検証してみる
代替テキスト
 黒い矢印はストロークする方向です

 両手でオナホを握ってストロークした場合そのエネルギーは・・・?
代替テキスト

赤い矢印はエネルギーが放出される方向です

 「エネルギーはカーブされる説」の場合「カーブされた後直線的に放出されるエネルギー」が左からも放出されるので「エネルギーの均等化」が出来ています


 「エネルギーが分散される説」

 この場合も左からもエネルギーが放出されているので「エネルギーの均等化」は成されています



「エネルギーの均等化」という意味では腰振りしなくても「両手コキ」を行えば解決するのですが、上記の図解をよく見ていただくと
一番肝心の「真ん中」にエネルギーが伝わっていない!というのがご理解いただけるでしょうか


代替テキスト
〇の部分が「台風の目」の無風状態に!

「オナホでのプレイ」において重要視されるのはモノ♂にいかに効率よく「直線的」なエネルギーを伝えるかなのでこの「無風」状態は頂けません

「オナニーに最適なエネルギーの形は一点集中突破型のドリル構造」

「中心は無風であたり一面を薙ぎ払う竜巻」とは全く逆のエネルギーなのです


「腰振り」を行うとそのエネルギーは・・・?




代替テキスト



 その集約エネルギーはこうなる!!
「腰を振る」という性質上「真ん中」に一直線のエネルギーが放出されるのはもちろん

がっちり握った両手からのエネルギーも真ん中に集約!!


ストローク方向と「エネルギー方向」が完全に一致しモノ♂全体に効率よく快感エネルギーが伝わる!

こうして解説すればいかに「腰振り」が快感を得るのに適したスタイルかが実感できるでしょう


                          ウレタンヒップで恍惚セット



「ウレタンヒップ」以外の「腰振り」商品紹介




エアドール系


基本中の基本?通称「ダッチワイフ」。あらかじめオナホがセットできる「穴」があり空気ポンプを持って膨らませて使用する

空気の代わりに綿を詰めたり、おっぱい部分におっぱいグッズを仕込んだりと改造の余地がある構造も魅力の一つ


               ラブボディRen


「ぬいドール」編



同じく「オナホ固定のための穴」があるグッズで、こちらは「空気」ではなく最初から「綿」などを詰め込む形式の固定ドール

おっぱいグッズ(一体化型のモノは切断する必要があるが)を簡単に収容できる「おっぱいポケット」なるものが付いており非常に「使いやすいドール」

こちらは大魔王限定商品です


          代替テキスト  


個別レビュー記事はこちら:



個別レビュー記事と同内容を含む「ウレタンヒップ」との統合記事はこちら:


「天井からつるす」編


こちらは一風変わった固定方法。「天井からオナホをつるしてオナホの重さを無くす方法」

詳しくは広告ページに直接飛んでその方法を熟読しましょう





「オナホールが」始めから腰を振れるほどデカイ場合



「オナホール自体が」女性の身体のそれを形作っており「そのままで」腰を振ってプレイできるホール

大型であるがゆえ値が張るのは確かですがそれに見合う「もはやセックス」と言える快感は圧巻


             代替テキスト  ガールフレンド

 関連記事:「ガールフレンドシリーズ」タグで検索!



「オナホールが」腰を振ってくれるパターン


俗にいう「電動オナホ」
「オナホール自体が電動で回転してくれたり、ピストンしてくれる」「女性のほうから動いてくれる」パターンの疑似プレイにはこちらがオススメ

上記の「超大型オナホ」と同等に値が張りますがその価値に見合うだけの「新体験」が出来ます


          代替テキスト   



「腰振りプレイ考察」総評


いかがでしたか?「オナホをただ手で擦るだけ」でプレイしている皆様

世の中には様々な工夫で簡単に「腰振り」プレイが出来る方法が存在するのです
手コキからオナホコキ、そしてさらに快感が2倍3倍にアップする「腰振り」の世界へとどんどん新世界を展開していきましょう

そして最後には

リアルセックスよりも気持ちいい「現実を超えたプレイ方法」を見つけましょう!




            快感増幅 ウレタンヒップ









関連記事