今回の比較レビューは「類似コンセプトホール」の比較です

こちら3点はそれぞれ「リアル系ホール」「自然なイレ心地のホール」を目指して造られた3点
今現在に氾濫する「非実在系グロ系ホール」と比べるとパンチは弱いですがだからこそ見直されるべき良作ホールだと個人的には思っています
「リアルマ〇コ」からさらに上位互換といえるホール「まだ名前がありません」は私のベストオブベストホールですし



 「まだ名前がありません」の全ての関連記事の「総まとめ」はこちら!

もうすこし↓から記事は始まります


もくじ


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             
                                                                                        




オナホ比較編その2:「まだ名前がありません」「ボルドー」「ボルドーソフト」 類似ホール比較!

代替テキスト
それぞれの個別レビュー記事はこちら!

            
        
           


尚同じく類似ホールである「セブンティーン」は最近使用率が著しく低く「スタン落ち」の可能性も出てきたため今回は取り上げません

※スタン落ち

「使用回数順レビュー」の項目にて最新100回内の使用サイクル候補から外れそう、または外れたホール
「レビュー記事を書いてから全く使っていないホール」と「スタン落ち」との違いは「前回の100回サイクルではきちんと使用したホール」であるか否か

こちらの「セブンティーン」も現在(シーズン2)のサイクルからは外れそうなので今回の比較記事には取り上げない事とする


簡易総評:総合力では「名無し」だが・・・?

より詳しいレビュー記事は下をスクロール!



弾力(反発力)



名無し:〇 ボルドー:◎ ボルドーソフト:


粘膜の絡みつき



名無し:◎ ボルドー:〇 ボルドーソフト:


素材の肌触り



名無し:〇 ボルドー:〇 ボルドーソフト:◎


総合力



名無し:◎ ボルドー:〇 ボルドーソフト:


               




外観、内観、触感比較



外観:大きさ長さ


代替テキスト

公表サイズは「ボルドー」17cm、「ソフト」17.4cm「名無し」17.5cmであり情報相応のサイズである事がうかがえます

「ボルドー」のみ2年前の個体ですのでもしかしたら「まだ名前がありません」同様「使い込んだことによる全長の縮みこみ」が発生すると思いましたが、この比較画像を見る限りは「縮み」は発生していませんね


「横の肉厚」および「長さ」の両方において「まだ名前がありません」が一つ抜けているのが分かりますね




触感:伸び




「伸び」はぶっちぎりで「ボルドーソフト」が勝っており次点で「名無し」
「ボルドー」は伸びがイマイチですが他2つに比べると引っ張った際の反発力がありました


触感:しなり




やはり「ボルドーソフト」がしなりにおいてダントツ、「名無し」が次点という結果に


内観:構造





「ボルドー」と「ボルドーソフト」がほぼ同一構造
「名無し」はボルドー以前のホールなので構造に若干異質な感じがします

「最奥のお部屋」も挿入可能なのは「名無し」だけです



挿入感比較



入口付近


代替テキスト

「ボルドー」「ボルドーソフト」が軽いジャブなのに対して「名無し」は最初からアクセント的「イボの丘」が待ち構える構造

刺激的には
まだ名前がありません>ボルドー>ボルドーソフト
快感的には
まだ名前がありません>ボルドー=ボルドーソフト と言った感じですね


中央部分

代替テキスト

「中央部分」は「粘膜構造の絡みつきエリア」でありそれぞれのホールの「最大の長所」が現れる箇所であり優劣は着けられません
先の「簡易総評」で申し上げた通り「同じ粘膜の絡みつきエリア」でも

「弾力」を求めるのなら「ボルドー」

「肌触り」を求めるのなら「ボルドーソフト」
「よりねっとりとした絡みつき」を求めるのなら「まだ名前がありません」

という選択をしていけば幸せになれると思います



              

最奥部分


代替テキスト

「最奥」の「お部屋」に挿入できるのは「まだ名前がありません」だけです
「ボルドー」と「ボルドーソフト」における最奥は「子宮口」を模しているのであくまで「口づけ」する程度
チュパチュパと音が鳴るので同居人がいる方は注意です

「子宮姦」に興味がある方はこちらのホールを検討されてはいかがでしょう




「最奥」のお部屋構造は責められたモノ♂が顔を出す「息継ぎ」エリアが管理人の理想

こちらのホール3つはそんな「理想構造」に応えクリアしたホールたち


ぬちょぬちょといじめられたモノ♂が「吹き出す、ぶちまける」ため「ぷはぁっ」と顔を出した瞬間余裕のある大き目のスペースで「くぽっ」と包み込んでくれる構造


どのホールも「射精」に至るための良構造ですが強いてこの3つの中で「一番」を挙げるとしたらやはり「マイベストオブベスト」である「まだ名前がありません」でしょうか


「ボルドー」「ボルドーソフト」は「最奥構造」は挿入不可でもどかしいですが「名無し」は最後まで挿入することが出来、ねっとりと包み込んでくれるところが良いです



 結論:最奥構造:「まだ名前がありません」>ボルドー=ボルドーソフト




射精感比較





ボルドー じゅわ・・・ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!

ボルドーソフト  ぴゅーっ!ぴゅっ!ぴゅっ!どぴゅっ!

まだ名前がありません  どぴゅー!ぴゅうっ!ぴゅううっ!ぴゅううっ!


※過去記事の使いまわしではなく実際この記事のためだけに一回ずつヌいた射精感です


「ボルドー」は「時間差で何かがこみ上げてくる感じ」がした後じんわり射精

「ボルドーソフト」「名無し」は一射目から「勢いよく、細く長く遠くの的を射るように射精」

これはモノ♂が喜んでいるときに体感する「幸せ射精感」と言えるのでは無いでしょうか


※幸せ射精・・・じっくりねっとりとモノ♂を高めていくと得られる「幸福感」と「快感」を兼ね備える発射感
「水鉄砲で遠距離の的を狙撃した」のごとく勢いよくそして細く発射されるのが特徴
単純に「さっさとイくために高刺激、硬素材ホールで強くこする」やり方では得られない射精感

発動条件はハッキリしないがとにかく「モノ♂が喜んでいる」場合にこの発射感覚が襲ってくる

「ボルドー」の射精感もなかなか良い物ではありますが数回使っても「幸せ射精感」には至らずおそらく「柔らかさ」と「ねっとりさ」が他2つほど無いからでしょう


 結論:「射精感」の充実度


まだ名前がありません=ボルドーソフト>ボルドー



             




最終総評:やはり「名無し」が総合一位



「簡易総評」通りに「弾力」なら「ボルドー」
「やわらかさ」なら「ボルドーソフト」
「粘膜の気持ちよさ」なら「まだ名前がありません」

総合力でみたらやはり「まだ名前がありません」が一位でしょうか


管理人の「好み」的にも高刺激かまったり系かに関わらず「ねっとり絡みつく粘膜」が好きです

まあ全部購入して「違い」を楽しむのが一番なんですけどね(ダイマ)




商品ページリンクまとめ

※表示価格は記事作成当時のモノです

「まだ名前がありません」

※この商品はNLSオリジナルです




「まだ名前がありません」を含むセット商品











関連記事