2019/12/18 他の【まだ名前がありません】との比較記事と統合


管理人のベストホール【まだ名前がありません】とその他ホールとの比較・対決記事を一つの記事に統合させます。

 







より大雑把な目次



                                             

ここから「まだ名前がありません」「ボルドー」「ボルドーソフト」 類似ホール比較!」の記述



                                       
 今回の比較レビューは「類似コンセプトホール」の比較です

こちら3点はそれぞれ「リアル系ホール」「自然なイレ心地のホール」を目指して造られた3点
今現在に氾濫する「非実在系グロ系ホール」と比べるとパンチは弱いですがだからこそ見直されるべき良作ホールだと個人的には思っています
「リアルマ〇コ」からさらに上位互換といえるホール「まだ名前がありません」は私のベストオブベストホールですし



                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            
                                                                                        




「まだ名前がありません」「ボルドー」「ボルドーソフト」 類似ホール比較!


名無し比較2
それぞれの個別レビュー記事はこちら!

            
        
           


尚同じく類似ホールである「セブンティーン」は最近使用率が著しく低く「スタン落ち」の可能性も出てきたため今回は取り上げません

※スタン落ち

「使用回数順レビュー」の項目にて最新100回内の使用サイクル候補から外れそう、または外れたホール
「レビュー記事を書いてから全く使っていないホール」と「スタン落ち」との違いは「前回の100回サイクルではきちんと使用したホール」であるか否か

こちらの「セブンティーン」も現在(シーズン2)のサイクルからは外れそうなので今回の比較記事には取り上げない事とする


簡易総評:総合力では「名無し」だが・・・?

より詳しいレビュー記事は下をスクロール!



弾力(反発力)



名無し:〇 ボルドー:◎ ボルドーソフト:


粘膜の絡みつき



名無し:◎ ボルドー:〇 ボルドーソフト:


素材の肌触り



名無し:〇 ボルドー:〇 ボルドーソフト:◎


総合力



名無し:◎ ボルドー:〇 ボルドーソフト:


               




外観、内観、触感比較



外観:大きさ長さ


名無し比較3

公表サイズは「ボルドー」17cm、「ソフト」17.4cm「名無し」17.5cmであり情報相応のサイズである事がうかがえます

「ボルドー」のみ2年前の個体ですのでもしかしたら「まだ名前がありません」同様「使い込んだことによる全長の縮みこみ」が発生すると思いましたが、この比較画像を見る限りは「縮み」は発生していませんね


「横の肉厚」および「長さ」の両方において「まだ名前がありません」が一つ抜けているのが分かりますね




触感:伸び




「伸び」はぶっちぎりで「ボルドーソフト」が勝っており次点で「名無し」
「ボルドー」は伸びがイマイチですが他2つに比べると引っ張った際の反発力がありました


触感:しなり




やはり「ボルドーソフト」がしなりにおいてダントツ、「名無し」が次点という結果に


内観:構造





「ボルドー」と「ボルドーソフト」がほぼ同一構造
「名無し」はボルドー以前のホールなので構造に若干異質な感じがします

「最奥のお部屋」も挿入可能なのは「名無し」だけです



挿入感比較



入口付近


代替テキスト

「ボルドー」「ボルドーソフト」が軽いジャブなのに対して「名無し」は最初からアクセント的「イボの丘」が待ち構える構造

刺激的には
まだ名前がありません>ボルドー>ボルドーソフト
快感的には
まだ名前がありません>ボルドー=ボルドーソフト と言った感じですね


中央部分

代替テキスト

「中央部分」は「粘膜構造の絡みつきエリア」でありそれぞれのホールの「最大の長所」が現れる箇所であり優劣は着けられません
先の「簡易総評」で申し上げた通り「同じ粘膜の絡みつきエリア」でも

「弾力」を求めるのなら「ボルドー」

「肌触り」を求めるのなら「ボルドーソフト」
「よりねっとりとした絡みつき」を求めるのなら「まだ名前がありません」

という選択をしていけば幸せになれると思います



              

最奥部分


代替テキスト

「最奥」の「お部屋」に挿入できるのは「まだ名前がありません」だけです
「ボルドー」と「ボルドーソフト」における最奥は「子宮口」を模しているのであくまで「口づけ」する程度
チュパチュパと音が鳴るので同居人がいる方は注意です

「子宮姦」に興味がある方はこちらのホールを検討されてはいかがでしょう




「最奥」のお部屋構造は責められたモノ♂が顔を出す「息継ぎ」エリアが管理人の理想

こちらのホール3つはそんな「理想構造」に応えクリアしたホールたち


ぬちょぬちょといじめられたモノ♂が「吹き出す、ぶちまける」ため「ぷはぁっ」と顔を出した瞬間余裕のある大き目のスペースで「くぽっ」と包み込んでくれる構造


どのホールも「射精」に至るための良構造ですが強いてこの3つの中で「一番」を挙げるとしたらやはり「マイベストオブベスト」である「まだ名前がありません」でしょうか


「ボルドー」「ボルドーソフト」は「最奥構造」は挿入不可でもどかしいですが「名無し」は最後まで挿入することが出来、ねっとりと包み込んでくれるところが良いです



 結論:最奥構造:「まだ名前がありません」>ボルドー=ボルドーソフト




射精感比較





ボルドー じゅわ・・・ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!

ボルドーソフト  ぴゅーっ!ぴゅっ!ぴゅっ!どぴゅっ!

まだ名前がありません  どぴゅー!ぴゅうっ!ぴゅううっ!ぴゅううっ!


※過去記事の使いまわしではなく実際この記事のためだけに一回ずつヌいた射精感です


「ボルドー」は「時間差で何かがこみ上げてくる感じ」がした後じんわり射精

「ボルドーソフト」「名無し」は一射目から「勢いよく、細く長く遠くの的を射るように射精」

これはモノ♂が喜んでいるときに体感する「幸せ射精感」と言えるのでは無いでしょうか


※幸せ射精・・・じっくりねっとりとモノ♂を高めていくと得られる「幸福感」と「快感」を兼ね備える発射感
「水鉄砲で遠距離の的を狙撃した」のごとく勢いよくそして細く発射されるのが特徴
単純に「さっさとイくために高刺激、硬素材ホールで強くこする」やり方では得られない射精感

発動条件はハッキリしないがとにかく「モノ♂が喜んでいる」場合にこの発射感覚が襲ってくる

「ボルドー」の射精感もなかなか良い物ではありますが数回使っても「幸せ射精感」には至らずおそらく「柔らかさ」と「ねっとりさ」が他2つほど無いからでしょう


 結論:「射精感」の充実度


まだ名前がありません=ボルドーソフト>ボルドー



             




最終総評:やはり「名無し」が総合一位



「簡易総評」通りに「弾力」なら「ボルドー」
「やわらかさ」なら「ボルドーソフト」
「粘膜の気持ちよさ」なら「まだ名前がありません」

総合力でみたらやはり「まだ名前がありません」が一位でしょうか


管理人の「好み」的にも高刺激かまったり系かに関わらず「ねっとり絡みつく粘膜」が好きです

まあ全部購入して「違い」を楽しむのが一番なんですけどね(ダイマ)




商品ページリンクまとめ

※表示価格は記事作成当時のモノです

「まだ名前がありません」

※この商品はNLSオリジナルです




「まだ名前がありません」を含むセット商品










ここから「まだ名前がありません」VS「温泉欲情」レビュー記事の記述



 今回はかねてより対決予定だったホール
「温泉欲情」と「まだ名前がありません」ともに95点のホールを細かく噛み砕いて「点数上は同じでもきちんと上位を決める」記事にします



 「まだ名前がありません」の全ての関連記事の「総まとめ」はこちら!


VS
 まだ名前がありません





この2つのホールはどちらもトイズハートが開発した(まだ名前が~はNLSとの共同)高刺激でもなくまったり系でも無い「中刺激」寄りのホール(「温泉欲情」はかぎりなく中刺激に近い高刺激判定だが)


時折超高刺激系ホールや超まったり系のホールが欲しくなる事もありますがやはり「ベスト」となると「王道」である「中刺激」に人は戻るんですね


「名無し」は2009年発売と結構年期が入った定番ホール

私がオナホデビューした2014年に初めての個体を買って(後々何回か壊して買い直している)その後3年間以上マイベストに君臨して他の追随を許さないホールです



対する新勢力「温泉欲情」は2017年4月発売と「かなり若い」ホール

その内部構造も2013年発売以来王者として君臨し続けている
以降現在まで「正解」の構造として一定以上の評価と流行を得ている「縦ヒダ」を採用したゾリゾリ系ホール

「新勢力」として発売から日が浅いにも関わらず自分の中で「名無し」を抜く勢いでヌかせに来ている超強豪


「帰宅一発目」のホールはこれか名無しかってくらい拮抗しています
この2本は必ずと言っていいほど「毎日」使っている自覚はあります


そしていざ採点した時もやはり「どちらが上」かを決められず同点の「95点」判定を下しました



果たしてこの2つのホールに優劣は無いのか!?
事細かく砕いていけば「よりベスト」なホールがどちらか判定できるのでは?


対決企画第一弾

「まだ名前がありません」VS「温泉欲情」

なおここからは管理人のモノ♂が2本になった体で

同時に挿入している体で実況、優劣を着けていきたいと思います



 1R目:種目:入口の感度   


さあゴングが鳴った!

管理人のモノ♂が入口に押し当たり感度を確かめる!!


まだ挿入はしていない!つまりこの時点での判定は「内部構造」に依存しない「入口の気持ちよさ」!

2つのホールに違いはあるのか!?

おっと、ここで「まだ名前がありません」側のモノ♂が反応!
二重構造」の利点、内部構造とは違う素材を入口に使う事で「柔らかさ」と「弾力がある内部」を兼ね備える!!



 「まだ名前がありません」の入口、すなわち外部素材の判定は!?



「や・・・柔らかい・・・」

その感触にすでにトロけてるーっ!!「名無し」の入口は「柔らかい」判定!

本物の女性の入口付近をぷにぷにしているような感覚にこれから始まる挿入劇への期待を隠し切れない!!


対する「温泉欲情」!

このホールは「二重」では無く単一素材によるホール!
故に入口と内部は同じ素材を使用している!!



入口付近の素材の反応がそのまま内部の弾力判定へとつながるが・・・

「温泉欲情」側のモノ♂の反応はいかに!?



 「温泉欲情」の入口、その判定は!?     



おーっと!こちら側のモノ♂も「名無し」同様すでにその気持ちよさにトロけている!!


「名無し」の入口と同じ「やわらか素材」判定なのか!?



ん?

ここで「温泉欲情」側のモノ♂がモノ申しているぞ!!


「柔らかい素材だが「名無し」外部素材ほどは柔らかく無く若干弾力がある」との事!



果たしてその感触の違いが「可」と出るか「不可」と出るか!



 続いて甘めに挿入を試みる二つのモノ♂!! 


まだ内部構造を味わってはいけませんよ!あくまで1R目は「入口」の判定です!!


さて、その判定は!?


あーっと!「まだ名前がありません」側のモノ♂が超反応!!

まだ内部構造には至っていないがナカをコツコツと突いている!
これは気持ちよさそうだ!!


「柔らかい入口と弾力のある内部素材」のダブルジャブが効いている!
二つの素材の違いを味わって気持ちよくなったモノ♂が早くナカに入りたがっている!!



続いて「温泉欲情」側はどうだ!?


こちらも「やわらかい入口」が挿入「浴」を刺激する!!

しかしまだ「温泉欲情」最大の武器である極太縦ヒダエリアには至らない!!

ヒダエリアの手前をコツコツと突き少しだけその構造を味わっている!
こちらも入り口付近からすでに気持ちよさそうだ!!



 1R目:入口付近対決!!その判定は!?  


入口付近は接戦!さあその勝敗は・・・




モノ♂がモノ申す!




「勝者!「まだ名前がありません」!!」



決まったーッ!!1R目は「名無し」が先取!


決め手となった要因はナニでしょうか?
「名無し」側に挿入していたモノ♂に聞いてみようと思います




そうですね、やっぱり「入口付近」の素材としては「名無し」の外部素材が「正解」に近かったという事でしょうか



「温泉欲情」も負けては無かったが「弾力」において微小に「名無し」の外部素材より「硬い」と感じたのでそれが敗因でしょうか


より柔らかいモノが入口の素材としては正解という事ですね


挿入時はひたすら柔らかく、ナカは柔らかさと弾力を備えたモノ♀でそれが理想の「女性のナカ」、正解に近い「モノ♀」だと思います


その点「名無し」は「二重構造」を採用することでこの課題をクリア
挿入初期の柔らかさによる気持ちよさとこれから始まる「内部構造」の弾力による気持ちよさ・・・それにより「温泉欲情」を上回りました


ただ、「温泉欲情」の弾力がある素材も「入口付近としては「名無し」を下回るが内部素材としては期待できる」という感想なんですよね


内部の快感度で言えば「名無し」を上回る可能性もある


2R目以降の種目、内部構造対決では「温泉欲情」の最大の武器である「極太縦ヒダ」がいかんなく発揮されるのでその可能性は非常に高いと思います






2R目はいよいよ挿入!
果たして「名無し」は逃げ切れるのか!?「温泉欲情」の武器「縦ヒダ」で2本取られて逆転されてしまうのか!?










     2R目:種目:中盤までの内部構造  



さあ、2ラウンド目が始まりました!最奥までは挿入せずに「途中まで」モノ♂が入っていきます!


その感触は・・・!?


おおーっと!?「温泉欲情」側のモノ♂が悲鳴を上げている!
こ・・・これは・・・!?



気持ちよすぎてもう果てそう・・・!?
内部にみっちりつまった「四つの太縦ヒダ」が容赦なくモノ♂を刺激する!

その「縦ヒダ」にみっちり刻まれた「横ヒダ」もモノ♂を責め立てている!


ゾリゾリとモノ♂を削るような感覚に耐えられない!

これは高刺激ゾーンだ!




 対する「まだ名前がありません」側の内部構造は・・・!?


内部付近のイボ付きの突起とゆるやかかつ細かいヒダ構造!
こちらもかなり気持ちよさそうだ!!


こちらもやや「高刺激」寄りな快感がモノ♂の先端をいじめている!!


が、しかしここで「温泉欲情」側のモノ♂がギブアップ!?
な、なんと迷わず即判定!?


「中盤までの内部構造」対決を制したのは・・・「温泉欲情」!?

ナニがどうしたと言うのだ!?
そんな簡単に決めてしまっていいのか!?その判定の理由は!?




  「イレ始め」から「中盤」にかけての正解は「高刺激」!?  


なぜか「温泉欲情」側に挿入していたモノ♂が息を切らしながら
しきりに「もう十分だ」「温泉欲情の勝利だ」と悲鳴を上げている・・・!?
その理由は!?



オナホの理想は最奥で果てるために最奥を若干刺激を緩めにした「休憩」ポイントにして中盤付近までの構造が「高刺激」である事


「高刺激」ゾーンで悲鳴を上げたモノ♂が「一休み」ポイントを探して最奥でにゅぽん♪と顔を出す
その瞬間に果てることが出来れば最高の快感を得ることが出来る
これが理想的なオナホプレイの全容です



その点今回の勝者「温泉欲情」はかなり凄かった

太ヒダがゾリゾリとモノ♂を容赦なく攻めていく様はまさしく「最奥で果てる」ために導く高刺激構造


普通のプレイならば「最奥」で一休みしながらまた「高刺激」ヒダゾーンに責められてを繰り返すのですが

この対決企画のために「中盤」で寸止めして高刺激ゾーンだけを攻めていくのは刺激が強すぎてモノ♂が悲鳴をあげてしまうのです


「まだ名前がありません」中盤も負けずに適度な「高刺激」ゾーンを備えてますが「温泉欲情」のそれには一歩及ばずと言った所でしょうか


「温泉欲情」のヒダ構造は
もっといじめてえええええええ
と思わず声が漏れそうになるほどの「超攻撃型」構造です




 ここまで来て「理想のオナホの構造」という物が見えてきました


「入り口付近は低刺激、中盤までは高刺激、最奥でまた低刺激」これが自分にとってオナホの「答え」である事を学習しました



1R目で「名無し」が勝利したのはまさしくこの「理想」のごとく「外部構造が温泉欲情より柔らかい」事による「緩やかな刺激」を与えてくれていたからだと思います


上記の「理想」の構造だけみればまさしく「名無し」がそれに近いんですけどね

「高刺激ゾーン」だけの判定で言えばこれは確実に「温泉欲情」の勝ちです



 と言うわけで1ポイント返した「温泉欲情!!」ここまでの成績は1-1のタイ!!決戦は3ラウンド目に持ち越された!

果たしてその種目は!?






  3R目:種目:最奥までの構造と絶頂感とバキューム    




 さあいよいよ最終種目!奥まで挿入して感度を噛みしめる!

「温泉欲情」側は「掻き分ける」快感が気持ちいい「無次元加工」!
「まだ名前がありません」は空気抜きによる「バキューム力」を伴う「ストレート加工」!!

そこに差異は生まれるのか!?


おおっと!さきほどのラウンドを制して波が来ている「温泉欲情」側のモノ♂がまたもや悲鳴を上げている!?


最大の武器であった「極太縦ヒダ」ゾーンはまだまだ続いている!?
しかもそれがカーブを描いて「奥へ奥へ」とモノ♂を誘っている!?

ゾリゾリとモノ♂をいじめる感覚にKO寸前か!?



 「まだ名前がありません」側のモノ♂ものたうち回っている!

いままでの高刺激ゾーンから解放されて「お部屋」に顔を出す瞬間にゅぽ♪と音を出して解き放たれる瞬間がたまらなく気持ちよさそうだ!!


しかもこちらには・・・「温泉欲情」には無いバキューム力がある!
キュゥゥゥウと締め付けられてモノ♂が恍惚の表情を浮かべている!!

バキューム力と極太ヒダ!!甲乙は着けられるのか・・・!?



ここでKO!同時にKO!

まさかのダブルノックアウト!!同時に挿入したモノ♂が同時に昇天!!




両者気持ちよさそうに痙攣している!

さあ判定は!?どちらが「より」気持ちよかったか!?









引き分け!?ここにきて!?






「最奥構造」と「バキューム力」の勝負は一長一短!?
どういう事でしょうか!?



  「無次元加工」と「ストレート加工」の差異、その長所短所が      
  惜しみなく発揮された3ラウンド目!!                


 「無次元」における「掘り進む」快感
「ストレート加工」によるバキューム力に強さ

それが両者最大限に発揮されたラウンドでありそれぞれの「足りない」部分も最大限に出てしまった試合!!


「温泉欲情」にはバキューム力が「名無し」には「無次元加工」特有の快感が欲しくなってくる
そんな試合展開!

これは甲乙をつけがたい!


その判定が「引き分け」になるのは無理がない!!

このまま「同着」のまま決着してしまうのか!?

この企画自体が茶番に終わってしまうのでしょうか・・・!?




         完全決着編       



 1ラウンド目:名無し 2ラウンド目:温泉欲情 3ラウンド目:勝者無し


このまま両者同着のままフィニッシュしてしまうのか!?この企画自体が無駄骨だったのか!


おおっとここで最終判定が下されます!!








勝者!!「まだ名前がありません!!」






な、なんと!?唐突に「まだ名前がありません」に勝利判定が下った!?
いきなりどうしたというのだ!?「決着は着けられない」と双方のモノ♂が(亀)頭を抱えていたのに何故「名無し」に勝利者宣告が!?


その理由を聞いてみたいと思います!!




 確かに判定は難しかった・・・だから最終的には「自分のモノ♂」の好みに合わせることにした



「一般大衆に受けそうか」の議論は出尽くしたので最終的には自分のモノ♂と相談


それにより少しでも二つのホールに「差」が生じるのであればそれを掘り下げて優劣を決めていきたいと思った



    決め手は・・・「素材」の違い!?



 「まだ名前がありません」は「やわらか外部素材」と「弾力を伴った内部素材」の「二重構造」
対する「温泉欲情」は「そこそこ弾力を伴ったやわらか素材」の単一構造


「まだ名前がありません」の素材は終始管理人のモノ♂が理想としている「やわらか」(入口)→「弾力」(内部)の流れでしたが


「温泉欲情」の素材は「外部素材としては硬く、内部素材としては弾力不足」
(それでもかなり高水準に仕上げているが)
これを決め手にしました


すなわち「内部素材の弾力」がもうすこし「温泉欲情」にも欲しかったと「まだ名前がありません」と比べた場合ほんの少し感じてしまったので
これを「差異」とみなして「まだ名前がありません」がわずかにリードし勝利した
といった感想でしょうか





  初代王者!!「まだ名前がありません」!!   



 👑名無し


守り抜いた!!2014年以来管理人のモノ♂を捉えて離さない「名無し」が新勢力「温泉欲情」の追い上げを逃げ切り初代王者に君臨した!!


 結論:同じ95点だが「より上位」なのは「まだ名前がありません」
しかしながら「温泉欲情」の「95点」判定を取り消すつもりはない



いやあ、接戦でした・・・最終的な決め手が「素材」という事は仮に「温泉欲情」が「名無し」と同じ二重構造ならより高い点数だったかもしれないという事


後は「長さ」的に「突き破る心配がほぼ無い」「17.5cm」の長さが「温泉欲情」にも欲しいという事でしょうか


そこまでするともう「管理人専用温泉浴場」になってしまい万人から高い支持は受けないでしょうけどね


果たして「まだ名前がありません」、彼(彼女?)を超えるホールはこの先現れるのか・・・!?


対決企画第一弾はこれにて終了させてもらいます!





  全国的に品薄が続いている新勢力!!    
 「温泉欲情」は下記リンクから!!      



     

      価格:2698円:温泉欲情 DMMで詳細を見る

      価格:3153円:温泉欲情 NLSで詳細を見る



  長年管理人のモノ♂を掴んで離さない!!                 
 マイベストを守り切れるか!?「まだ名前がありません」は下記リンクから!! 



      価格:2808円:まだ名前がありません NLSで詳細を見る
                  (この商品はNLSオリジナル商品です)


     「まだ名前がありません」を含むセット商品


      価格:5280円:おなほデビューパック NLSで詳細を見る

      価格:5800円:オナホ天国 NLSで詳細を見る



関連記事をタグから探す: オナホレビュー 非貫通式 中刺激 90点台 トイズハート











 全国的に品薄が続いている新勢力!!   
「温泉欲情」は下記リンクから!!     



       

        価格:2698円:温泉欲情 DMMで詳細を見る

        価格:3153円:温泉欲情 NLSで詳細を見る



 長年管理人のモノ♂を掴んで離さない!!                
マイベストを守り切れるか!?「まだ名前がありません」は下記リンクから!!



        価格:2808円:まだ名前がありません NLSで詳細を見る
                  (この商品はNLSオリジナル商品です)


       「まだ名前がありません」を含むセット商品


        価格:5280円:おなほデビューパック NLSで詳細を見る

        価格:5800円:オナホ天国 NLSで詳細を見る


もくじ




以下余白


関連記事