今回は【個別オナホレビュー】です。

前回のレビューから1年以上超過してしまったレビュー記事、「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard」を再レビューしていきます。


 2019/08/18 レビュー1回目と2回目の記事を統合。


もくじ





キメラハード2回目



簡易総評:86点(前回は89点)

詳しいレビューは追記文で!


 最近再びレビューしたオナホたちは管理人:神楽ちんずりの所持ホールが増えたうえで「それでも評価を落とさなかったホール」が多かった中、大幅に下方修正される事になった本作。

「バンジータッチ」と「異なる内部素材」の「二重構造版」である「プラス版」が名称通りの「ぐちょ濡れ感」、「モンスター感」、「キメラ感」を演出しているのに対してこちらは「凡百のハード素材ホール」になってしまった。といった印象。

せっかくの「ナマモノっぽさ」「触手感」がハード素材になった事で「生物らしさ」が薄れたようにも思えます。

 関連記事:

しかしながら、「硬素材ヒダ構造」によるゴリゴリ感伴う快感力は健在!



 RIDE社製【ハードタッチ素材】ホールのゴリゴリ感、弾力感が好きな人、柔らかいタイプである上記の「プラス」が好きな人が「同じ構造のハードを試してみたい」とするならば十分に「購入候補」となる実力のホールです。

優先順位的には「プラス」の方を先に購入して欲しいですが。




ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:ゴニュッとしてズルッとしてキュッとしめる硬素材ホール!【個別オナホレビュー2回目】



【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラ】とは?



 発売当時すでに良質なオナホメーカーとして知名度を盤石の物にしていた、「マジックアイズ」と「ヴァージンループ」ブーム以降業界一位に王手をかける「RIDE」という「勢い溢れる2社」がコラボ商品をリリース。
 マジックアイズの「ぐちょ濡れ名器」シリーズの派生タイトルとして「2社のコラボ」まさしく「キメラ」(合成獣)と呼ぶのにふさわしい
新シリーズとして「バンジータッチ」「二重構造」「ハードタッチ」の三種類のホールが世に出ました
(この記事で取り扱っているのは「二重構造」の「Plus」ですバンジータッチ版はこちらの下位互換だと判定したのでレビューしません)
 
 「非実在・グロ系」の極みを追求したその内部構造は写真で見るだけでもインパクト抜群!
まさしく「オナホの歴史」としてこのコラボ商品はユーザー間で語り続けられる一品となるでしょう

から引用


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:その外観、内観、触感


その外観


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事比較
※左がキメラプラス、右が当記事「キメラハード」



 今所持している「キメラハード」は経年劣化で変色してしまったため、過去の写真を使いまわし、間に「キメラプラス」を挟む事での間接的比較です。

ご覧の通り「17ボルドー」とくらべると「長さ」も「幅」も若干大きい、といった外観でしょうか。


その内観


キメラハード内観
 すがすがしいくらいの「ゴリゴリ硬素材系ホール」といった内観。
柔らか素材の「プラス」ではミミズ構想やイボ構造がねっちょりと絡みつく挿入感でしたが果たして…

その触感



キメラプラス伸び
 先ほども言った通り、現物が変色しているので過去記事から使いまわしです。
しかしこんな画像しか残っていませんでした。

「あまり伸びない硬素材」という印象ですね。


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:その挿入感


入口部分

※プラス版の断面図で説明していますが、実際使用しているのはハードです。

ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事入口部分ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事射精君

 「ごにゅっと弾力のあるイボが噛みつく!最初から狭さと硬さと気持ちよさと!」

※声は出さずにプレイしましょう


 【入口部分】に挿入すると、「硬素材」なイボたちがかぷっとくちょっと噛みつき、初手から亀頭をキュッと締めに来る「攻撃型」の刺激感!


硬素材系・高刺激系ホールが好きな人はこの時点で「このホールは良い奴だ!」と実感できます。

中央部分


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事中央部分ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事射精君

 「太めの縦ヒダがゾリッと撫でる!高弾力ながら吸引力もすごい挿入感ッ!」



 【中央部分】にまで挿入するとイボ構造から「触手系縦ヒダ」ゾーンへと突入!

ゾリッと強めに亀頭を剃るのがたまらなくよく、それでいて「ズルズルと奥へと誘われる吸引力」もそなえた挿入感です。


最奥部分


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事最奥部分ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事射精君

 「亀頭をキュッと締める狭い構造!これは即イキ必至!」




 【最奥部分】にまで挿入することでモノ♂全体、亀頭を中心にキュッと締まります。

ホール自体の「ゴリゴリとした触手構造」に撫でられる快感も相まって、「引き抜く前」から誤射しそうになります。



引き抜いた時


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事引き抜きぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard個別オナホレビュー記事射精君

 「ズリズリっと反発する弾力!入れた時以上の高刺激ッ!」




 【引き抜いた時】に生じる刺激は「挿入時以上」の高刺激快感と反発する弾力。
通称「寄せては返す波」が発生!


※寄せては返す波
「オナホの最奥からモノ♂を引き抜く時」に生じる「挿入時とはまた違う快感」
モノ♂を押し込むことによって「一方向に流れた内部構造が元の位置に戻ろうとする力」
分かりやすく言えば「反発力」です

関連記事

「オナホ全体の構造の輪郭」を捉えるにはこの「引き抜いた時」に集中するのが良いですね。


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:まとめ



  • 硬い素材と高刺激触手構造でゴリゴリ削る攻撃型ホール!

  • 弾力あるイボや触手がぶにゅっと絡みつく!

  • 即ヌキに適した、忙しい人向けのホール!


  • 「プラス版」に比べると「ナマモノっぽさ」は薄れる?

14日間無料!エロVRを定額で見放題!PICMO


ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard:総評:86点



刺激・・・★★★★★
「高刺激」判定。
耐久・・・★★★★★変色はしましたが、1年ほど使って型崩れ無し。
肉厚・・・★★★★☆「分厚いホール」判定。
使いやすさ・・・★★★☆☆「大きさ」とともに犠牲になる使いやすさ。
コスパ・・・★★★★★この大きさで2500円以下はさすが「マジックアイズ」と「RIDE」のコラボホールと言った感想。
締まり・・・★★★★☆ミチミチに構造が詰まって「ちょいキツ」判定。
長さ・・・★★★★☆17cmの「ちょい長」判定。
硬さ・・・★★★★★「硬素材」判定。
快感性能・・・★★★★☆良好な快感性能。
即射性能・・・★★★★★「即ヌキ」特化の攻撃型ホール!
空気抜き対応度・・・★★★☆☆「空気抜き」に依存する構造では無いが行えばそれなりに良し。


キメラハード2回目

初心者オススメ度・・・★★☆☆☆


 「初めてのオナホール」として考えた場合の「オススメできない」判定の★2!

コスパ的には質量の割にかなり安くて「良ホール」なのですが、やはり「ゴリゴリの硬素材系ホール」という点が「初めてのオナホールとしてはオススメできない」理由になってしまいますね


彼氏へのオススメ度・・・★★★☆☆


 「彼氏へのプレゼント」として考えた場合はその人次第の★3!

「ゴリゴリ系のホール」なのでどれだけハマろうが「リアルマ〇コは別腹」と割り切ってくれるでしょう。
しかしモノ♂が鍛えられて貴女では「ゆるい」と感じてしまうかもしれない。
〇〇かもしれないという不確定な書き方しかできないので「その人次第」という事で濁させていただきます。



「ウレタンヒップ」による「オナホ固定腰振りオナニー方法」対応パターン・・・パターンB:要補助、長さが余る系




          代替テキスト

 「横幅」が足りなく補助を必要とするが「長さ」は余り気味のため
写真のように若干ハミでるタイプ
「しっかりとモノ♂を勃起させて挿入する」直線的な力を加えることで
「腰振り」が可能になるパターン




「電動オナホール」による「互換プレイ」対応パターン・・・互換不可:幅が広すぎる系



代替テキスト

 自動で抜いてくれる事が魅力の「電動オナホール」のこのホールの互換パターンは

「幅が大きすぎてハメこみ不可」判定


専用ホール、または管理人が実際に試して「互換可能」だったホールのみ使用しましょう
(専用外ホールでの使用は自己責任でお願いします)




【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard】商品ページリンク



 ゴニュゴニュ?ゴリゴリ?固めの触手が容赦なく撫でる!「ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard」は下記リンクから!

キメラハード2回目


※表示価格は税込みであり記事作成当時の物です。

幣サイトでは「ポイント還元があるので表示価格よりも実質お得」として「NLS」での「通販サイト一本化」を推奨しております



上記以外でご購入を検討される際はこちらを参考に:オナホ通販サイト比較一覧表


【ぐちょ濡れ名器MONSTERキメラHard】関連記事







 最近レビューしたオナホールの振り返りはこちら!




関連記事