オナホ比較編その1:「まだ名前がありません」新品・半年前・2年前を比較






            代替テキスト 



「個別オナホレビュー」とは別に展開するオナホレビュー記事「比較・対決編」
第一弾は管理人の中で一番のベストホール「まだ名前がありません」


 「まだ名前がありません」の全ての関連記事の「総まとめ」はこちら!


個別レビュー記事はこちら!


比較対象は「同名ホールの新品、半年前、2年前の個体」の三種類


果たして使用感に差が出るのか?「半年前、2年前の個体」は新品に比べて劣化しているのか?
はたまたなにかの化学反応で「新品よりも馴染む」状態になっているのか?

それでは比較していきましょう

代替テキスト 

 それぞれ左が新品、中央が半年前、右が2年前の個体です
使い込んだ個体が縮んでるのが一目瞭然ですね

簡易総評:半年使い込んだ個体が一番気持ちいい?


詳細なレビュー文章は下をスクロール!

「新品」・・・3品のなかで一番「柔らかく」「まったり系寄り」の刺激
「絡みつき」においては使い込んだ個体より劣る

「半年前」・・・新品の「柔らかさ」が若干「硬く」なり「絡みつき」において新品のものよりもフィットしている。個人的に一番使っていて気持ちいいのがこの個体だった

「2年前」・・・これは駄目でしたね
「硬さ」がちょっと目立ちすぎてせっかくの粘膜構造が死んでいる感じ
「高刺激ホール」として見た場合もゴリゴリと痛い感じ



簡易結論


「半年前」が一番気持ちよいがこれは「使い込んだ事」による「ピーク」が訪れたと考える
その証拠に「2年前」の個体は硬すぎて気持ちよく無かった
これから先、「半年前」の個体も日を重ねるごとに劣化し「2年前の個体」とおなじ「硬質化」してしまうでしょう

なので「ホールの原型を留めているかどうか壊してしまったかどうか」に関わらず
「まだ名前がありません」は半年を期に買い替える事をオススメします


             



もくじ


もくじが正常に表示されない時は何回か再読み込みを↓


「外観」「触感」比較




代替テキスト 
※「新品」の「名無し」が若干白っぽいのはメンテナンスのため振りかけたベビーパウダーの効果です





半年、2年前と時間を重ねるごとに内部構造の「赤み」が増してきているがわかるでしょうか
透明素材も若干黄ばんでるので高解像度ではアップできません



しなりの比較

代替テキスト 
まさしくモノ♂が勃起していく過程を見ているかのように

古い品になればなるほど「しなり」が無くなり、硬く、真っすぐ自立していくのがわかるでしょうか
「新品」が一番柔らかそうなのは明白ですね


伸びの比較

代替テキスト 

やはり「新品」がいちばん伸びが良く、柔らかそうです


挿入感比較



入口付近

代替テキスト 

そのリアクション

(過去画像使いまわし)
代替テキスト 
※一部個別レビュー記事と違うリアクションですがあくまで「他の個体と比べた場合の相対評価」と捉えてください


入口付近の構造はアクセントとなるイボのGスポット
「アクセント」は強弱を間違えると「痛い」と感じてしまう慎重な場所です

程よく「弾力」と「柔らかさ」があり、ぬちょっと心地よい先制ジャブを与えてくれたのは【新品】
【半年前】もそこそこ気持ちよいですが「若干硬いかな?」という刺激感
【2年前】は「硬さ」や「刺激感」が強すぎて「痛い」と感じるほどでしたね

 比較結論:入口付近

「新品」「半年前」「2年前」
◎ 
〇 
△ 

入口のイボのアクセント構造で一番気持ちよかったのは「新品」!!


中央部分



       代替テキスト  

そのリアクション


代替テキスト 

中央部分は
このホールの最大の特徴かつ最大の長所「奥へ奥へ」とモノ♂を誘う粘膜構造
いかに「モノ♂にねっとりと密着できるか」がカギの構造です

ここの構造に関して言えば「モノ♂にピッタリフィットする」のは使い込んで多少縮んで馴染んてきた「半年前」の個体でした

「密着感」という意味では【新品】も悪く無いですがまだまだと言った印象
【2年前】も縮んでモノ♂にフィットする物の「粘膜構造の硬質化」により劣化したという印象です

苦虫を噛みつぶしたような表情になっているので理解いただけると思います


 比較結論:中央部分

「新品」「半年前」「2年前」
 ◎△ 


「中央粘膜構造」で一番ねっとり密着して気持ち良いのは「半年前」!!


最奥部分




         代替テキスト

そのリアクション


代替テキスト 


最奥部分も重要項目

「入口」や「中央部分」で責められたモノ♂が「にゅぽん♪」と顔を出す「お部屋」エリアであり「中央粘膜構造」とおなじく「フィット感」が求められる場所です

ここの「フィット感」も「中央部分」と同じく「使い込んで馴染んできた」【半年前】の個体が一番「キュッ♡」と締まっていい感じでした

【2年前】はこの項目においても散々ですね

「硬さ」があるので包み込まれても気持ちよく無いです


 比較結論:最奥部分


「新品」「半年前」「2年前」
 ◎△ 

「半年前」の個体がやはり「フィット感」という点において「新品」よりも上回っています



               

射精感比較




【新品】 ぴゅーっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅーっ!
【半年前】 ぴゅーっ!ぴゅううっ!ぴゅっ!・・・ぴゅっ!
【2年前】 ごぴゅっ!ばびゅっ!びゅっ!

【新品】【半年前】はモノ♂が喜んでいるとわかる「幸せ射精感」に近い射精感

※幸せ射精・・・じっくりねっとりとモノ♂を高めていくと得られる「幸福感」と「快感」を兼ね備える発射感
「水鉄砲で遠距離の的を狙撃した」のごとく勢いよくそして細く発射されるのが特徴

単純に「さっさとイくために高刺激、硬素材ホールで強くこする」やり方では得られない射精感

発動条件はハッキリしないがとにかく「モノ♂が喜んでいる」場合にこの発射感覚が襲ってくる

一方【2年前】はやはり「射精感」においても雑
【硬素材・高刺激系】を使った時と似たような「床に水風船」な射精感でした

「幸せ射精感」及び「硬素材系射精感」に関する記事はこちら!



比較結論:射精感



「新品」「半年前」「2年前」
 ◎△ 


「新品」「半年前」も甲乙つけがたい充実した射精感。ほとんど差は無いでしょう


総評・・・「半年前」が一番良い!?



総括すると一番気持ちよかったのは多少縮んで「モノ♂に馴染む」「粘膜構造がモノ♂にフィットする」ようになった「半年前」の個体

しかし「簡易総評」で話した通り「ここがピークで後後劣化、硬質化して2年前と同じようになる」事が予想されます
なので結論

「まだ名前がありません」は使うほどに性質が変化してよりモノ♂に馴染むようになる

しかしその変化は「半年前後」を境にピークを迎えて後は劣化、硬質化していく
(ほぼ毎日使った場合の感覚)

故に「まだ名前がありません」は原型を留めているかどうか、壊れたかどうかに関わらず
「半年に一度」を周期に買い替える事が推奨される



初めて「まだ名前がありません」を購入する人はもちろんすでに所持している人もそろそろ買い替え時?商品ページは下記リンクから!

(表示価格は税込み、記事作成当時のモノです)






「まだ名前がありません」を含むお得なセット商品







「まだ名前がありません」関連記事






 「まだ名前がありません」の全ての関連記事の「総まとめ」はこちら!



トップに戻る   







関連記事