今回は再投稿です
RIDEの代名詞と言えるホール「ヴァージンループ」を再評価していきます






            代替テキスト ヴァージンループ



前回の記事はこちら!



   
  【ヴァージンループ】 今、認識を改める時!?




この記事を全文表示する






      「ヴァージンループ」とは?


              



これも何度もこのブログで何度も説明してきたことですが再度説明を
2013年4月発売のホールではありますが所謂「ショック」を起こしたのは2017年4月

タレント千原ジュニアがTV番組でその名称を取り上げたところ
全国的に「品切れ」を起こすほどの大ブーム

メーカーとしての「RIDE」の知名度を更に引き上げて
現時点での「業界の王者」という位置を盤石の物としたホール


まさしく「RIDE」というメーカーの「代名詞」と言い換えてもいい程のホールです



       前回の評価では?


前回の評価では「突き破りやすい」事と「最奥の構造」をマイナスポイントとし
「70点」(突き破った後の評価)という世間とズレる低評価を下しました

今思えばちょっと「世間で認められている物を敢えて認めない」という
厨二心が少しあった気がします

なので今回はガチ感想

良い所は良い、悪い所は悪いとハッキリ伝えていきたいと思います



         その外観、触感


           



           代替テキスト



RIDEお得意の「柔らかさ」と「弾力」を兼ね備えた素材「バンジータッチ」
とは言っても・・・RIDEのホールを追いかけるのなら恐らくこのホールが
「初めてのバンジータッチ」になる可能性が高いので「お得意の」と言われても
ピンとこないでしょうが

RIDEのホールはこれかハード系の「ハードタッチ」かってくらい二極化されてます

 そして外観、やはり管理人のモノ♂にピッタリだった「エイトロング
とくらべると「短い」という印象が強いですね
買い直したのは良いけどまた突き破らないか心配です


           代替テキスト

    左が「エイトロング」右が本記事で紹介している「ヴァージンループ」
   ※切り抜きの雑さは勘弁



         その挿入感



           代替テキスト


①入口付近

「エイトロング」同様ローション漏れを防ぐ入口構造

そこから四本の繊細な「縦ヒダ」がゾリッとモノ♂を撫でてきて
奥へ奥へと咥えこむ!

②中央部分

入口付近の「縦ヒダ」と同一構造がずっと奥付近まで続いていますが
モノ♂の先端、そして裏筋までぱっくり咥える事により
「縦ヒダ」刺激が累積されてさらなる快感に!!

「エイトロング」や「温泉欲情」でも感じたイレた瞬間
「ふぉおおおお・・・」と声が出そうな心地です

③最奥部分

縦ヒダでゾリゾリと削られたモノ♂の先端が「にゅぽん♪」と頭を出す
お馴染みの「息継ぎゾーン」
何故か前回ではなぜかこの「お部屋」に対して低評価を下しましたが
後々「理想の刺激順」という考え方を打ち出した時

「弱→強→弱」という結論に至ったので
「じゃあこれで正解やん、なんで前回これが原因で低評価になってるの?」と
過去の自分に問いかけました

本当に前回記事を書いた時は「みんなが認めている物は敢えて認めたくない」
みたいな厨二心がちょっとあったんでしょうかね

しかしながらここの「お部屋」について一言モノ申すとすれば
「部屋が狭い」という事でしょうね

私の亀頭じゃ収まり切りませんでした

やはり、私には「エイトロング」のほうが適正なサイズだと実感しました

 「エイトロング」と比べて全体的に使用感を振り返ると
「全長」が長くなった分モノ♂を余裕をもって咥えこめるあちらは「まったり系

こちらは「長さ」が短い分刺激がキュッと凝縮されて「中刺激」系ホールと
いった印象です

「エイトロング」では「柔らかすぎた」とか「まったりすぎた」と感じる人は
こちらの初代「ヴァージンループ」に戻ってくれば良いでしょうね

ゾリゾリといじめられたモノ♂が「広さ」の足りないお部屋に
「にゅぽん♪」と顔を出した瞬間・・・!!



       その射精感



    ぼぴゅーっ!!ぴゅっ!ぴゅっ!ぴゅっ!



「勢いの良い射精感が断続して4回ほど」

そんな感じの射精感でした

「エイトロング」の方は「幸せ射精」に至ったところを見るに
やはりこちらの「初代ヴァージル」はエイトロングと比べて「やや刺激が高い」
という結論に至りますね


※幸せ射精・・・じっくりねっとりとモノ♂を高めていくと
得られる「幸福感」と「快感」を兼ね備える発射感

「水鉄砲で遠距離の的を狙撃した」のごとく
勢いよくそして細く発射されるのが特徴

単純に「さっさとイくために高刺激、硬素材ホールで強くこする」やり方では
得られない射精感

発動条件はハッキリしないがとにかく「モノ♂が喜んでいる」場合に
この発射感覚が襲ってくる

「幸せ射精感」についてもっと詳しく考察している記事はこちら!



        こんな人にオススメ!!


               


①RIDEのホールを初めて買う方、メーカーの代名詞ともいえるこちらを買えば
RIDEという会社の輪郭が見えてくる!?

②先に「エイトロング」の方を購入してしまいその使い心地に
「納得がいかない」や「もう少しだけ刺激が欲しい」と感想を持った人

③このホールを絶賛した
千原ジュニアと同じようなスペックのモノ♂の持ち主

ただし千原ジュニアのジュニアの長さは公表されていないので
各自で調べてもらう必要アリですが


      総評・・・86点(前回85点)
               


最初に評価した記事から認識を改めましたがやはり私には
「長さ」がベストマッチかつ内部刺激もベストマッチな
「エイトロング」(91点)のほうが高評価なのは揺るぎないでしょう

刺激・・・★★★☆☆:「縦ヒダ」がジョリジョリ削ってくるが「中刺激」判定
耐久・・・★★☆☆☆:旧記事で買った個体は3カ月経たずに突き破りました
肉厚・・・★★★☆☆:ハンドホールとしては標準的
使いやすさ・・・★★★★★:ストロークしやすい大きさ
コスパ・・・★★★★☆:1200円前後で買えるホールなのでコスパは高い
締まり・・・★★★☆☆:標準的な締まり
長さ・・・★★☆☆☆:14cm。管理人的には「短い」
硬さ・・・★★☆☆☆:RIDEお馴染みの柔らかさと弾力を兼ね備えた
「バンジータッチ」仕様なので★1でも★3以上でもなくこの辺りかと
快感性能・・・★★★★☆:盤石の「縦ヒダ」構造はやはり正義
速射性能・・・★★☆☆☆:「縦ヒダ」かつ「ストレート加工」の一辺倒なので
速めにストロークしても即ヌキは厳しいかと
「空気抜き」対応度・・・★★☆☆☆:出来ないことは無いがあまり
空気抜きの効果は得られない逆に言えばこのホールはそれに依存しない構造という事



        初心者オススメ度・・・★★★★★

低価格、握りやすい大きさ、気持ちよさそして一時の話題性
文句なしに「初めて」のホールとしてもオススメ!



     ホール固定腰振りプレイ対応度・・・★★★☆☆


管理人のライフワークと化したプレイスタイル
ホール固定腰振りプレイ」に必要なアイテムウレタンヒップ

こちらとの相性は「可」判定の★3!!と予想

どうしても「隙間」ができてしまうので付属のスポンジシートかゆむしぃによる
補助は必須でしょう


関連記事:「腰振りプレイ」についてもっと詳しく知りたい方はこちら!
 


  やはり「繊細に計算されつくした縦ヒダ」がたまらなく気持ちいい!
 RIDEの代名詞と言っても過言ではない「ヴァージンループ」は下記リンクから!


               

                  価格:1267円:DMMで詳細を見る
                
                  価格:1382円:NLSで詳細を見る

                 

           (ここで表示している価格は税込みであり記事作成当時のモノです)



 ※単純な「設定価格」だけじゃどこのサイトがお得なのかは判断できません


トップへ戻る      






関連記事