今回は【個別オナホレビュー】です。「A10ピストンSA」から機能を省略した
NLSオリジナル電動オナホール「NLSピストン」のレビュー【その2】

皆さまが知りたがっている「他社ホールとの互換プレイ」における「対応一覧表」
それと専用ホール【クローバー】の簡易レビューをしていきます

 レビュー記事「その1」はこちら!



          ピストンその2NLSピストン






【オナホレビュー】NLSピストンその2 他社ホールとの互換一覧+専用ホール「クローバー」


もくじ



「NLSピストン」とは?



 今現在【入荷未定】で販売再開が待ち望まれている
ピストン系高級電動オナホ「A10ピストンSA」
その開発過程で「ボツ」になった「クランク式」によるピストン試作機を
NLS側で引き取り商品化

「パターン別ピストン」「バッテリー式」「動画連動」などが省略され
「ピストン専用機」としてシンプルな造りかつ低価格(A10ピストンSAとの相対では)を実現させ皆様が手に取りやすいように、かつ「A10ピストンSA」が「入荷未定」の現在では「唯一?のピストン機」としてこの世に排出されました


 要するに「現在再販のめどがたっていないA10ピストンSAという商品のために
需要を埋めるために開発されたオミット版電動機器」という事


機能制限版でありながらパワフルなピストンはそのまま
挿入したモノ♂に「腰振り」とも「回転」とも違う新しい快感を与えてくれます



「A10ピストンSA専用ホール クローバー」簡易評価:82点



 
 「NLSピストン」のもう一つの特徴
それは「A10ピストンSA」の専用ホールがそのまま使えるという事

という事でこちらの専用ホール「クローバー」を購入いたしました
こちらは本来「A10ピストンSA」に同梱されている物と同一であるため
再販されれば購入する必要は無くなりますが

 前回のレビュー記事で紹介した「スティール」に比べると
「ヴァージンループシリーズ」を彷彿させる「縦ヒダ」構造であり
「ピストン」するのに実に適した構造だと思います

          クローバー中身 


 結論を言えばこちらの「クローバー」の方が

微妙な評価だった「スティール」より断然良いと感じましたね

やはり「ピストン」という運動に適した
「縦ヒダ」という構造がゾリゾリして気持ちいいと感じました

それでも2700円なら他のホールの方が「純粋な気持ちよさ」は勝ってますが

あくまで「専用ホール」である事に価値を見出してください





「NLSピストン」簡易総評


 先に紹介した「A10サイクロンSA」に比べるとこちらは「A10ピストンSA」のオミット版という事で色々「足りない」と感じる部分はあります
有線を挿しっぱなしにしていないと動かない「完全に家電」レベルの置物であり
「ピストン」自体にもその刺激に慣れるのに時間がかかる
「機械によるピストン」という性質上「相手が摩擦の具合を調整してる」ので
「せっかくのオナホ構造が堪能できない」というデメリットもありこれに関しては
「普通に自分でストロークした方がオナホの詳細な造りを感じやすい」と言えるでしょう

 しかし挿入した後しばらく「ピストン的刺激」に慣らすようにじっと構えていると
徐々に徐々にモノ♂が快感に慣れていき「イくための徐々に高ぶってくる」と感じます。そしてイった瞬間、しっかり「ナカに全部出そう」と思ってもピストンが激しく、思わずモノ♂を引き抜かなければ耐えられなかったほど激しい刺激感

 「自分でストロークする」「自分で腰を振る」行為の上位互換とはいきませんでしたが「相互互換な使用感」としては合格点以上。皆様も是非「相手側からイかされる」という新感覚を堪能してください。今現在【A10ピストンSA】が「入荷未定」なので、唯一使える「一定のレベル以上の電動ピストンホール」である事は間違いないですね

 「音」に関しては少し大きいとは思いますが
上から毛布を被せるなどで工夫すればある程度抑えられると思います

 「A10ピストンSA」の完全下位互換ではある物の
やはり「現状で楽しめるピストン機」の中では最高峰のデバイスです
※A10ピストンSAが生産未定の2018/09/23現在の場合

 「手持ちの中型ホールがピストンホールへと早変わり」
それだけで買う価値はアリだと思います
皆様も是非「ストロークとピストンとの根本的な違い」を
試してみてください
「腰がとろける快感」というのを誇張抜きで味わえますよ

2つとも「前回のレビュー記事」からの引用ですが今でもこの感想は変わりません
「回転」とも「腰振り」とも違う「第三」の快感
「自分が動かなくても相手から動いてくれる王様感覚」を味わうための電動器具です


「専用ホール」と「それ以外」どちらのプレイが気持ち良いの?


 専用ホールを使うか他社のホールを互換するか

どちらが気もちいいかと言えば「他社ホール」一択ですね


専用ホールは「使いやすさ」を重視して「入口をリングで固定」した結果
「ピストンと言うよりはホールが伸び縮みするだけ」
といった使用感ですが

専用ホール伸び


他社ホールは「固定されない」分「モノ♂をハメるのがちょっと手間取る」
というデメリットはあるものの「振れ幅」が大きいので
「ホール全体を使ってモノ♂がしごかれてる!」という快感を得られます


名無し伸び



 「専用ホール」は固定のためのリングや金具故どうしても高コストになってしまいますが
「純粋な気持ちよさ」と「互換後の気持ちよさ」の両方の面から
「2700円出費するなら他社ホール」のほうが気持ちよくプレイできると思います

「専用ホール」はあくまで「手持ちのホールが対応しなかった時」の保険ですね



他社ホールとの互換プレイ対応パターン


 「他社のホールとの互換」において重要なのは
「A10サイクロンSA」での互換プレイと同じく「長さより幅が重要」

「横幅」や「底」の構造が適しているかどうかで互換できるかどうかが分かれます

※専用以外のホールでのプレイは自己責任でお願いします


パターンA:そのままハメて快適にプレイできるパターン



  ピストン互換 

 ※写真のホールは「まだ名前がありません」

 特に互換プレイならではの「工夫」を行う必要は無く
そのままナカに突っ込んでそのまま起動できるパターン

「底の構造」や「横幅」はもちろん「長さ」的にも適切な大きさのホールがこれに該当する


 「パターンA」ホールの例の一覧


ボクのおなぺっとシリーズテンガエッグによる要補助の場合もあり)



パターンB:プレイ可能だが長さがあまるパターン


   NLSピストンB 
 ※写真は「ヴァージンループダリンセブン」

 プレイ可能な「幅」ではあるが「長さ」が余り気味なホールなので
外部リング(写真右下)を外すことで快適にプレイすることが可能



パターンC:挿入前はプレイできそうだがプレイ不可



   NLSピストンC 

 ※写真は「ドルフィン!」

 こちらも「A10サイクロンSA」の「互換パターンC」と同じ内容
「モノ♂を挿入する前は起動可能に見えるが挿入して幅が膨れることで不可になる」
というパターン

モノ♂が細い人ならばもしかしてプレイ可能かも



 「パターンC」ホールの例の一覧





総評2回目:85点(前回と同じ)



 「ピストンする事だけ」に特化した本作。入荷未定の「A10ピストンSA」と違い
「かゆい所に手が届かない」事はある物の単純に
「あのホールをピストンしてみたい!」「ピストンというのはどういう物か試したい!」
と考える方にはうってつけの(というか現状唯一の)ピストン機であることは間違いなし

是非とも「こちらから動かなくても相手が抜いてくれる」
「強制的、自動的なストロークでイカされる快感」を味わってください


商品ページリンク





関連記事


本記事執筆にあたって省略した情報もあるので前回の記事も併せてお読みください



NLSピストン オミット版電動ホール、シンプルだがそれだけで良い







以下余白
関連記事