今回のカテゴリは「腰振り特集」です

「ウレタンヒップ」以外の腰振り方法を探すうえで巡り合った
「大魔王オリジナル」商品の一つ「ぬいドール」を再評価していきます



旧記事と重複した内容を含む、「ウレタンヒップ」との併用方法はこちら!




                ぬいドール
ぬいドール


【再評価】 ぬいドール おっぱいグッズの有無で評価が分かれる 肌着ダッチ



もくじ


簡易総評:84点

詳しい評価記事は追記文で!


 布の触り心地が良く、おっぱいグッズを仕込む「おっぱいポケット」という
オプションが素敵すぎる一品

 oppai.jpg 


しかしながら、この「ポケットにおっぱいを仕込む」という選択をしなければ
その魅力は半減以下に落ち込む他「オナホを固定する穴」は
「オナホがブレる」という問題点も抱えています


 「オナホ固定の穴」としてはやはり「ウレタンヒップ」の方が優れているので
ウレタンヒップの上にぬいドールを寝かせて併用して使うのが
私にとってベストのやり方でした

「抱き心地」や「重さ」、「おっぱい」が加わったことでより
「本当にセックスしている!」という錯覚を得ることが出来ました


 「ウレタンヒップ」の固定力を知らずに
この「ぬいドール」が「オナホ固定のためのグッズ」として初めてならば
十分に感動や快感を得ることが出来るとは思います






「ぬいドール」とは?



 通販大魔王から発売されている「オナホをハメられる」肌着製ダッチワイフ
「ぬいぐるみ」と「ドール」の中間的存在であるからこう呼ばれている?

綿、またはパウダービーズを詰め込むことで「ぬいドール」として機能
(別売りです)

 さらにマジックテープ+ヒモ式で股間にオナホールを
括りつけるギミックが備わっており手持ちのオナホが
これ一つで「腰振り」可能になる魅惑のドールです

肌触りも実に心地よく、流石に「女性の肌」とまではいきませんが
「部屋着の女性」を再現するくらいには優れています


ぬいドール装着方法 



  オナホ装着方法の一部

 さらに詳しく見るのなら直接
 






















 さらに「目玉的長所」といたしまして
「おっぱいグッズ」を装着する用の「おっぱいポケット」がついており

「二個一型」のおっぱいは切断か「ぬいドール」側を改造する必要がありますが
下記の「ブラ+生乳セット」のような「二つが個別」の場合は難なくドール内部に装着できます


           ブラ生乳 ブラ&生乳セット



実際に使って見て気づいた事数点



 生地の触り心地はかなり「良」です

私はナカに詰める物として「綿」を選択しましたがパウダービーズを使うと
より触り心地は向上するかもしれません


しかしここで「中に詰める綿」に関して諸注意を



 公式ページには「綿は1000g前後で足りる」と書いており
私は大魔王の綿900gを購入したのですが

全然足りませんでした



「1000g前後」というのは「1000gを超えればいい感じになる」
という意味に捉えるべきだと思いました

なので皆様にはこの商品を楽しむ場合は「1000g以上の綿」またはパウダービーズを
購入する事をオススメいたします

          綿アイコン ラブドール用綿


オナホ固定スペースの使い心地は?




 股間に設けてある「オナホ収容ギミック」ですが
「肌着素材であり中身に詰めるのは綿かビーズ」という性質上

オナホが固定されずに中心がブレがち


あくまでこれは「ウレタンヒップ」との相対的な評価なので
「初めてオナホの固定に挑戦する」場合は感動できると思いますが

「オナホの固定台」といたしましてはやはり「ウレタンヒップ」が最強・安定だと思います



淫欲合体!ウレタンぬいドール!!



        修整4
        ※初期の頃の切り抜きなので雑なのはご了承ください


 という事で「オナホの固定台として優秀なウレタンヒップ」と
当商品「ぬいドール」は共存する形となりました

オナホの固定がこれで安定し
「ウレタンヒップ」単体でプレイするより「重さ」が加わり
「より人を抱いている」という疑似体験を感じられました


  価格:  4212円:  快感増幅 ウレタンヒップ NLSで詳細を見る




「おっぱいグッズ」を仕込む際の注意



 「二個別」のおっぱいグッズなら内部に仕込めますが
「二個同一」型のおっぱいなら「ぬいドール側」の胸部の布を切断する必要があります
(あるいはもっと高度な改造ならそれも可能でしょうが)

どちらのおっぱいにせよ「胸を揉みしだくうちにどんどん沈んでいく」
というジレンマがございますので

ハンガーを使った簡易的な補強をオススメします



          ぬいドールハンガー


 こういった形で「実際に服をハンガーにかける時」のように
「肩から胸部」にかけてハンガー内部を仕込むと「おっぱいグッズ」が沈むのを防げます


ニコイチ型、または超巨乳を仕込む場合



 一部こちらの記述と重複します

             Iカップアイコン2

「二個同一型」または「超巨乳」のおっぱいグッズを仕込む場合は
胸部の布を破らなければいけません

その両方の特徴を持つ「パイズリ爆乳Iカップ」
こちらを「ぬいドール」に仕込む装着方法を指南します




   パイズリぬいドール2 




 断腸の思い、まさしく懐かしい未来アイコンこんな感じの表情で切りました


 そして普通に「装着」するだけでは
おっぱいを揉む度、胸が綿部分に埋没してしまうのである程度工夫が必要です


ハンガーをひっかけるかちょい硬めの衝撃吸収材を下に敷いて
「胸骨」的な役割で補強してください


    パイズリぬいドール3



 こんな感じでまさしく「Tシャツをハンガーにかける時」のように胸部に挿しこみます
「ハンガーブラジャー」とも言い換えられます
これによって中に埋もれてしまう心配は無くなり

真正面からなら気兼ねなく揉みしだけます


 ただし、「胸部の布」を切開してしまいますと

完全に「正常位」のみでしかおっぱいを楽しめ無くなり

「対面座位」「後背位」ではおっぱいが滑り落ちてしまいます


が、これはもう無理だと割り切ってください


「二個別」のおっぱいグッズともう一つ「ぬいドール」を購入して

「後背位」、「対面座位」専用の個体を作っていつか再レビューするつもりではありますが



最終総評:84点



 「良い肌触り」と「おっぱいを仕込むポケット」というギミックは素晴らしいですが
やはり「オナホの固定台」としては「ウレタンヒップ」が正解すぎるので
併用する事がオススメの商品

 二個目の個体を買う時は「胸部を切断せず」「パウダービーズを使用して」
「二個別のおっぱいグッズ」でいわゆる「2号さん」を作りたいですね







以下余白
関連記事