今回は久しぶりの「ローションレビュー」です
今までレビュー記事が無かったにも関わらずにこのブログからのジャンプで売れ続けている「ホール専用ローション黄金比率ブレンド」と現行使用ホール「ペペ ラバラバ」を比較していきます


                黄金比アイコン ホール専用ローション -黄金比率ブレンド-


                    VS



                2018100819395450b_2018100819425655e.jpg  ペペ・ラバラバ360ml




 ※管理人が「ペペローションラバラバ」を現行使用ローションにした理由、経緯は以前の二つの記事から!↓

ローション比較 ペペローションラバラバVSペペローション


ローション比較 第二弾 ペペローションラバラバ VS Peace's(ピーシーズ) ラバーフィット



簡易総評:それでもやっぱりペペが好き

※詳細なレビュー文は追記文で!


 最初に結論を申し上げますと
「モノ♂とホールがねっとり絡みつく」という効果ゆえ
やはり「現行最高」の評価が下るのは「ペペローションラバラバ」の方です

「黄金比率」の方は乾きが早かったです

内容量も「黄金比率」は145mlと少量なので「ラバラバ360ml」の方がコスパも高い

しかしながらこれらの要素が「メリット」として裏返る事もある


 「乾きが早い」という事は「ラバラバ」より事後の拭き取りも楽という事


内容量が少ないという事は「使い切りやすい」という事



ホールにモノ♂を挿入している最中の「使用感」だけでなく

「使った後」の事を考えればこちらも十分にメリットがある商品と言えるでしょう







ローション比較 第3弾:ホール専用ローション 黄金比率ブレンド VS ペペローション ラバラバ 「使用感」とメリットは別という話



もくじ


「ホール専用ローション 黄金比率ブレンド」とは?



RENDSから届いたオナホール専用ローション。
これまでにもオナホ専用のローションはいくつかありましたが、本作は約2年もの開発期間を費やし、さまざまな配合とモニタリングを積み重ねて誕生した、“正真正銘のベスト配合”といえる力作です。(中略)RENDS開発者によると、「試作段階では刺激系から定番品、まったり系まで、さまざまなオナホでモニタリングをくり返した」とのこと。何度もテストするうち、途中で「何がベストなのかわからなくなった」こともあったようですが、そんな苦悩を乗り越えてきただけに、その完成度は折り紙付き。
“オナホ専門家による、オナホ愛好家のための、オナホ専用ローション”として絶対の自信を持つ本作の実力を、ぜひ体感してみてください。

※NLSからの引用

 要するに「オナホ用に調合されたローション」かつ「迷ったらコレえらんでおけ」
という意図のローションですね

「あらゆるホールに対応!」という事ですが果たしてその実力通りの「馴染み」をもたらすのでしょうか?徹底的に検証していきましょう



黄金比率ブレンドVSペペラバラバ検証



水っぽさ



黄金比 201808111104498e6_20181008194320842.jpg


 この画像で伝わるかどうかはわかりませんが
同じくらい力を入れて(当社比)どれくらいローションが抽出されるか

容器の構造が違うので全く同じ力が加わっている事にはなりませんが一つの指針として

これは「黄金比率ブレンド」が上ですね



 「ぐちょぐちょとした挿入感」よりも「サッパリした挿入感」(ラバラバとの比較での使用感ですが)をお求めなら「黄金比率」と言った所でしょうか


乾きやすさ



 これは「行為が終わったモノ♂」をいつも通り拭き取って
「拭き残し」に当たるローションがどれだけの時間乾かずに残っているかで検証


これも「黄金比率ブレンド」が上
行為が終わった後サッと拭き取って完結できるので
「モノ♂にベタベタを残したくない」「モノ♂に匂いを残したくない」という方は
(とは言っても行為が終わった後は風呂に入るべきだとは思いますが)
こちらの「黄金比率」がオススメできます




実際に「黄金比率」をオナホに使ってみた感想



 「中刺激」ホールと「まったり系」ホールは普通に使えました

「ペペラバラバ」を使った際と遜色のない使用感を得られました
「上位互換」ではなく「まぁ良いんじゃないの」程度ですが


 しかし問題は硬素材高刺激系ホールを使った際


「ねっとり度」と「潤滑度」においては「ペペラバラバ」が勝っているため

「それと比べると水っぽい」こちらの「黄金比」を硬素材、高刺激系ホールに使うと

「ちょっと痛い」と感じるほど「粘度」が足りない

といった印象



 再度「硬素材、高刺激ホール」にラバラバを使ったら「ぐっちょり絡まってきて」

これだ!!と感動できました



そう考えるとやはり高刺激系ホールにも使える「ラバラバ」の方が

自分にとっては「より適したローション」というのが正直な感想でしょうか




結論:「ペペラバラバ」が王位残留



 「高刺激系ホール」にも使えるホールと考えた場合やはり
「ペペラバラバ」を現役で使い続けるという結論に至りました

あまり変わらない値段差で内容量も「ラバラバ」の方が上ですし


「黄金比率」を選ぶときはこんな時!



 それでも「黄金比率ブレンド」の方にも特有のメリットがあります

先ほども申し上げましたが「乾きやすい」事が「拭き取りやすさ」
「内容量が少ないという事は品質が落ちる前に使い切りやすい事」につながる


 管理人は趣味・息抜き・レビュー記事を兼ねて一日3回ほどプレイしていますが
「仕事が忙しくて一日一回抜くのが限度だ!」と言う人
「ペペ360mlだと余らせてしまう」という人

そして「サッと拭き取れるローションを探している」という人

このような人達にはこちらの「黄金比率ローション」の方がより良い選択かもしれません



商品ページリンク







 ※このブログでは「通販サイトのNLS一本化」を推奨しています

NLS以外の販売店(一部)






※単純な「設定価格」ではどこのサイトがお得かは判断できません
より詳しく通販サイトを見比べたいのなら以下の記事から!







以下余白

関連記事